旅 瀬戸内(たびせと)

       
  スマートフォンで表示   篠ノ丸城址ー戸倉山ー GoogleMap    
             
       
     
     
  篠ノ丸城土塁跡と篠ノ丸城址石碑     篠ノ丸城址石碑   
  篠ノ丸城址黒田官兵衛ゆかりの地ー 兵庫県宍粟市山崎町横須
築城:赤松円心 次男 貞範が戸倉山山頂に築く
赤松氏の後広瀬氏、宇野氏らの居城となったが、宇野政頼の時、天正8年(1580)、羽柴秀吉の猛攻により落城。
天正8年(1580)〜黒田官兵衛が羽柴秀吉から宍粟郡を与えられ領有。ー天正12年(1584)〜との説もありー
その後官兵衛は天正15年(1587)に豊前国に移封。
官兵衛の次男 熊之助がこの城で出生したと伝えられている。
官兵衛移封後は、龍野から木下勝俊が入封し山崎城を築城したため篠ノ丸城は廃城となる。
 
   広告  
     
         
   篠ノ丸城主郭ー本丸ー跡    妙見大菩薩ー篠ノ丸城主郭跡ー本丸跡ー   宇野一族の供養塔と記念碑ー篠ノ丸城本丸跡ー   
         
  篠ノ丸城空堀・土塁跡     この瓦けは?    この井戸は?  
         
   篠ノ丸城犬走り跡?    二代目一本松の石碑ー素晴しい松があったのだろう!    郭跡?  
  広告      
     
   
         
   主郭の西側の様子   篠ノ丸城三の郭跡     篠ノ丸城三の郭跡の西側堀切  
  主郭の西側の様子
奥に明るく見える所が主郭。その手前に土塁と空堀がある。
右手前が二の郭?そこから北にむ向かって郭と思われる跡が数段ある。
 
  三の郭ー篠ノ丸城跡ー
篠ノ丸城址では唯一山崎の町が見える所。
  篠ノ丸城三の郭の西側堀切跡
同じ所を撮っている。少しでもその嶮しさを出そうとしたのだが、やはり下から写すか横から写さないと上からではもう一つ迫力が出ない。
やはり、手抜きは禁物。
 
 
     
  篠ノ丸城 土塁跡・虎口  篠ノ丸城主郭南側登山道から見た急傾斜の様子    篠ノ丸城跡登山路  
  篠ノ丸城 土塁跡・虎口跡
中腹にある駐車場から篠ノ丸城址へ登って来た時に最初に見えるのがこの土塁跡と主郭への虎口(右端)。
      篠ノ丸城跡登山路
山の中腹に駐車場があり、そこから上ると約700m、約20分で登ることが出来る。
登山口を過ぎると妙見宮の鳥居がある。ーかっては、篠ノ丸城跡の主郭に妙見宮の建物が建っていたとのことであるが、そこに、今は小さな石の祠があるのみー
登山路の途中には100m毎にあと何百メートルかを示す石の道標が建てられている。
真夏の暑い中汗をかきながら登るには、残りの距離がわかって大いに励みとなった。
山頂からの眺めは、三の郭から一か所ー南方向ーのみ、登山路の途中からは、山崎の町の東方向を眺めることの出来る所が一か所ある。
 
 
         
   中腹にある駐車場   最上山公園     山崎の町並ー山崎城下町ー  
  中腹にある駐車場ー篠ノ丸城址登山口ー
篠ノ丸城址へ徒歩で登る方法はいくつかある。
中腹にある駐車場⇒篠ノ丸城址 コース
山裾にある八幡神社から最上山公園⇒中腹の駐車場をかすめて⇒篠ノ丸城址 コース
山裾にあるえびす神社⇒最上稲荷⇒展望台⇒百畳敷⇒千畳敷⇒中腹の駐車場⇒篠ノ丸城址 コース
  最上山公園(さいじょうさんこうえん)
最上山公園は、森林浴のを勧めるために整備した公園。
篠ノ丸城址のある山頂まで整備されており、地元の散策愛好者にも親しまれている。
途中にある、百畳敷や千畳敷は、篠ノ丸城の曲輪の一部なのであろう。

ひょうご森林浴場(最上山公園)
山崎町中心部の背後にある山で、早朝登山の人も多い。
山頂の篠之丸城跡は秀吉の播州攻略のおり、落城したといわれ今は石碑が残るのみである。
八幡神社からはヒノキ、恵比寿神社からはシイ、カシの林の中を登る。
途中中腹からはヒノキ、アカマツ林、城跡への急坂はコナラの道となる。
そのほか、サザンカの道、桜の道もある。最上山公園からは山崎町の町並や揖保川を一望できる。
(現地案内板ー緑の募金により整備)最上山公園案内板
  山崎の町並み(山崎城下町)ー宍粟市ー
赤松円心が篠ノ丸城築城後、広瀬氏、宇野氏らの居城となったが、天正8年(1580)、織田信長の命により羽柴秀吉の猛攻により落城。
黒田官兵衛が、秀吉から宍粟郡を与えられて領有。
官兵衛が天正15年(1587)に豊前国に移封後は、龍野から木下勝俊が入封し山崎城を築城。
その後、徳川政権になると、松平氏、本多氏らの城下町として明治維新まで納められてきた。
旧街道には、造り酒屋を始めとして江戸時代からの城下町のたたずまいが残されている。
また、町並みのすぐ横にある、最上山公園には、自生している日本のモミジを中心に中国やカナダなど世界のカエデも植栽され、シーズンには、山全体が紅葉の美しさにつつまれる。
公園からは、篠ノ丸城址を訪れることもできるよう、兵庫森林浴場として散策路が整備されている。
宍粟市案内図 
 
   広告  
     
        Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ