旅 瀬戸内(たびせと)

六道珍皇寺 お迎え鐘・閻魔・篁堂
     
  六道珍皇寺 お迎え鐘・閻魔・篁堂
お迎え鐘
この鐘楼にかかる鐘は、毎年盂蘭盆(うらぼん)にあたり精霊(しょうりょう)をお迎えするために撞かれるが、古来よりこの鐘の音は、遠くは十萬億度(じゅうまんおくど)の冥土(めいど)まで響き渡り、亡者はそのひびきに応じてこの世に呼び寄せられると伝わることより「お迎え鐘」と呼ばれている。
「古事談」によれば、この鐘は、当寺開基の慶俊僧都(けいしゅんそうず)が作らせたもので、あるとき僧都が唐国(からのくに)に赴くときにその鐘を三年の間、この鐘楼下の地中に埋めておくようにと寺僧に命じて旅立った。
ところが、留守をあずかる寺僧は待ちきれず、一年半ばかりたって掘り出して鐘を撞いたところはるか唐国にいる僧都のところまで聞こえたといい、僧都は「あの鐘は三年間地中に埋めておけば、その後は人手を要せずして六時(むつどき)になると自然に鳴るものを、惜しいことをしてくれた」といって大変残念がったという。
しかし、そんなはるか彼方の唐国にまでも響く鐘なら、おそらくは冥土までも届くだろうと信じられこのような「お迎え鐘」になったと伝えられている。
かかる話は「今昔物語」巻三十一にも同巧異曲(どうこういきょく)の物語で出ている。
こうした由来の鐘であるから、お盆の時期にはこのお迎え鐘を撞く順番を待つ参詣人の列が八坂通りまで蜿蜒(えんえんと)と続く。
そんな風景をみて昭和初期の歌人、川端茅舎(ぼうしゃ)は次のような俳句を詠んでいる。
 金輪際(こんりんざい) わりこむ婆(ばあ)や 迎え鐘
 迎え鐘 ひくうしろより 出る手かな
毎年お盆の時期になると、このお迎え鐘は千年もの長きにわたり澄んだ音色を時空をこえて冥土まで響かせ、旅立たれた多くの精霊たちを晩夏の都に迎えている。
そして、また来るお盆を迎えるまでは、この寺を訪れる多くの人たちの心の安らぎと幸せをもたらす「慈(いつく)しみの鐘」として、その穏やかな音色は渇いた心をやさしく癒(いや)してくれる。
        当山住持 謹白
(現地案内)
 
閻魔・篁堂(えんま・たかむらどう)
堂宇には右手に笏(しゃく)を持った等身大の衣冠装束姿の小野篁立像(江戸時代)と善童子や獄卒鬼王さらにはその傍には、閻魔大王坐像(小野篁作)を安置するとともに弘法大師(空海)坐像等も合祀する。
小野篁(802〜852)は、参議小野岑守(みねもり)の子で、嵯峨天皇につかえた平安初期の政治家であり文人・歌人としても知られる。
文章生より東宮学士(皇太子の先生)などを経て閣僚級である参議という高級官僚にまでなり、また乗馬・弓術・剣術など武芸百般にも優れた文武両道の人物であった。
不羈(ふき)な性格で「野狂」ともいわれるように奇行も多く、昼は朝廷に出仕し、夜は閻魔王宮の役人であったという奇怪な伝説は、「江談抄(ごうだんしょう)」や「今昔物語」などの説話集や「元亨釈書(げんこうしゃくしょ)」等にも数多くみられることより、平安末期頃には篁が、独特の神通力を有しつねに現世と冥府の間を往来する閻魔庁における第二の冥官であると語り伝えられていたことがうかがえる。
また、篁は承和5年(838)三十代半ばで遣唐副使に任じられながら、大使の藤原常嗣(ふじわらつねつぐ)と争い、「西道謡」という詩を詠んで遣唐使制度を風刺したことなどにより嵯峨上皇の怒りに触れて隠岐へ流罪となり、一切の官位官職を奪われたこともある。
しかし、承和7年(840)には帰京・復位を許され、その後は学殖を高くかわれて順調に官位を登り承和14年には従三位という高位に就いていることからも篁の尋常でない才能のほどがわかる。
篁が流刑地の隠岐へ流されるときに詠んだ歌は小倉百人一首にも採られ、知る人も多い。
  わたの原 八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ あまのつり船
      当山 住持 謹白
(現地案内板)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 六道珍皇寺へ