旅 瀬戸内(たびせと)

       
      利神城址(りかんじょうし) GoogleMap    
             
     
     利神城址ー石垣ー  
     
  利神城址ー手前は佐用川に架かる天神橋ー     利神城と智頭急行「平福駅」   
      
  利神城由来記黒田官兵衛ゆかりの地
赤松一族から最北端の防備の任をうけた加西郡別所の構えにあった別所肥前守敦範が、貞和5年(1349)佐用郡に入り、比良福利神山に砦を築き口長谷に舘を構えて移り住んだことに始まる。
別所肥前守光則の代に嘉吉の乱が起こり、一時敗退したが応仁の乱に際し別所静治は風雲に乗じ、都の赤松政則を助け、赤松家再興を図った功績により、旧領利神城主に復帰することができた。
天正6年(1578)1月2日上月城にあった山中鹿之介は、突如利神城を攻めたが、時の城主別所日向守林冶は城を出て瓶岩の地にこれを迎え討ったが叶うべくもなく家老磯部主計ら数名が敵中に切り込む間に城主は落ち延び、ここに赤松家は滅んだのである。
慶長5年(1600)関ヶ原の巧により、池田三左衛門輝政姫路城に入る。
甥の家老池田由之に、佐用郡二万三千三百石を与え統治を一任した。
由之は利神山山頂の砦を打ち壊し、5ヶ年の歳月をかけ、他の助成のないまま自力で巨大な城郭群と麓に常御殿と呼ばれる居館と武家屋敷を構えた。
口伝によると慶長10年由之の要請により、輝政は落成なった利神城見分の為駒を進め、釜須坂頂上にさしかかるや、北方遙かに雲を凌いでそびえ立つ巨大な城郭群に駒を返し使者を送り即刻破却を厳命したという。
今に残る利神城の絵姿や、山頂の石垣群を見て、往時の雄大さを偲ぶのみである。
        昭和55年4月
           西播磨県民局
           佐用町
        平成13年12月再建
(現地案内板)
近くのキャンプ場 オートキャンプ場 スターグランパス 
 
         
  宿場町ひらふくー平福ー    宿場町平福道の駅       

Home 兵庫県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ