旅 瀬戸内(たびせと)

頼山陽の詩
     
  遙遙の船路、行く手には今、朝日が昇っている。
心に、明日は母に会えるな、などと思っているうち、朝霧がだんだん晴れて、小舟は織りなす綾波に揺られながら猫の瀬戸を通った。

頼山陽(1780ー1832)は江戸時代後期の学者で、父は広島藩儒頼春水、少年時代から詩文の才を示し、十七歳のころには早くも歴史書の執筆に興味をもった。21歳の年、脱藩して罪を得、邸内に閉居された。
しかし、このことがかえって思いのままに読書し、著作に励む機会となり「日本外史」、「新策」の初稿が成った。
32歳のときに京都へ転居、その後全国を遊歴し、文人、学者と交わり多くの詩を残した。また、書にも励みて、多くの逸品を残している。
この詩は、天保元年(1830)6月21日、乗甫(頼春風の養子)と共に、竹原から広島に行く途中、橋下の猫之瀬戸を通ったときに詠まれたものである。
平成12年1月18日 下蒲刈町
(現地案内板) 
 

安芸灘大橋 広島県の瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ戻る Home