旅 瀬戸内(たびせと)

来迎寺 GoogleMap
   
     三浦大介公家来の墓  
     
    来迎寺   多々羅三郎重春公の墓・三浦大介義明公の墓   
      
  時宗 来迎寺縁起
時宗来迎寺の開基は、建久5年(1194)源頼朝が己の鎌倉幕府の基礎となった三浦大介義明の霊を弔う為、真言宗 能蔵寺を建立したときに始まる。(能蔵寺の名は、この付近の地名として使われていた)。尚、開山上人は明らかでない。
おそらく、頼朝が亡くなった後、現在の時宗に改宗したと思われるが開宗年代は不詳である。
山院寺号を随我山来迎寺と号し、音阿上人(当時過去帳記載)が入山以後法燈を継承している。 能蔵寺から起算すると実に八百余年の歴史がある。
時宗の総本山は神奈川県藤沢市西富、藤沢山清浄光寺、通称遊行寺と呼ばれている。
開祖は一遍上人、今から700年余り前、文久11年(1274)熊野権現澄誠殿に参籠、熊野権現から夢想の口伝を感得し、「信不信浄不浄を選ばず、その札を配るべし」の口伝を拠り處に、神勅の札を携え西は薩摩から東は奥羽に至るまで、日本全国津々浦々へ、念仏賦算の旅を続けられること凡そ16年。
その間寺に住されることなく亡くなるまで遊行聖に徹した。教法の要旨は「今日の行生座臥挙足下足平生の上を即ち臨終とこれを心得称名念仏する宗門の肝要となすなり」とある「念仏によって心の苦しみや悩みは、南無阿弥陀仏の力で救ってくださるという教えである。
当寺の本尊阿弥陀如来(弥陀三尊)は三浦義明の守護神と伝えられる。
平成11年10月12日から平成11年11月23日まで皇太子殿下御成婚記念として東京国立博物館に新しく建設され平成記念館の開館を記念し、特別展「金と銀 輝きの日本美術」が開催され当寺のご本尊も展覧され拝観者の皆様から着衣の素晴らしい載金文様と、高い評価を得ることができた。
また、鎌倉三十三観音札所十四番で子育て観音をおまつりしてある。この観音様に念ずれば、必ず智恵福徳円満な子供を授かるとして、昔から多くの信者に信仰されている。
以前、当寺の山頂(本堂裏側の山頂)にこの観音堂があったが昭和11年、国の指令により、敵機の目標になるからという理由で、取り壊された。鎌倉の旧市街および海が一望でき、長谷観音と相対していた。
当山は、明治5年12月21日夜、材木座発火の類焼に遭い、寺宝はことごとく消失してしまった。
「相模風土記によると、宗祖一遍上人像、三浦義明の像有り」とあるが現存しない。
なお、来迎寺明細帳によると、明治16年5月、当寺41代、野本廓善和尚が単独で本堂兼庫裡を建立したとの記録がある。
この建物は、昭和12年まであったが、諸般の事情で改築した。
これより先に当山45世照雄和尚の徳により三浦義明の像並びにこれ御安置する御堂を造立、昭和35年5月、義明780年忌にあたり一族と共に供養した。
(この義明像は、三浦一族に由縁のある彫刻家鈴木国策氏の献身的な奉仕によって見事制作されたものである)。しかしこの御堂も諸般の事情により取り壊した。
将来境内整備が終わり次第再建する予定である。
境内には、義明公および多々羅三郎重春公の五輪塔(高さ二米)一説には義明公夫婦ともいわれている。
また、応永、正長年銘などの宝篋印等(数基鎌倉国宝館に貸し出し展示中)あり、この数七百余基を数える。「相模風土記」によれば、三浦義明の墓は、五輪塔なり。
ここに義明の墳墓あるはその縁故知らざれど、思うに冥福を修せんがために寺僧が造立せしならん」とある。
義明は庄司義継の長男で平家の出で、平家の横暴腐敗した政治を正すため、源氏に仕え、時の世人挙げて平家に従ったが、ただ一人厳然として頼朝に尽力した。
治承4年(1180)頼朝の召に応じて子義澄らを遣わしたが、石橋山の敗戦で帰路の途次、畠山重忠の軍を破ったため、重忠らに三浦の居城衣笠城を包囲された。
防守の望みを失ったので、義澄らの一族を脱出させて頼朝のもとに赴かせひとり城に留まって善戦したが、ついに陥落して壮絶な最期を遂げ、源氏のために忠を尽くした。
一方、石橋山の戦いで平家に敗れた頼朝は、海路安房に渡って再挙を図り、関東各地の源氏家人の加勢を得、義澄と共に鎌倉に拠って策源地と定めた。
後、征夷大将軍となり鎌倉幕府を創建したのである。
この国家大業の成就の陰には義明の先見の叡智と偉大な人徳によるところただいである。義明あって鎌倉幕府の成否は義明によって決したと断ずるも過言ではない。
後に頼朝が義明あるいは一族に対する報謝の意が実に数々の温情の行業に伺われる。
義明が後に「三浦大介百六ツ」と呼ばれる由来は頼朝が衣笠の満昌寺において、義明の十七回忌法要を供養しとき、義明がまだ存命して加護してくれたいるのだ。
という心からの事で自刀したときの八拾九歳と十七年を加えた数と思われる。
私たちはこのような幾多の先祖の偉業、道徳を懇ろに偲び、人生の心の糧として何時までもこの行跡をたたえ続けて行きたいものである。
             〒248-0013 鎌倉市材木座2−9−19  来迎寺
 となふれば ほとけも われも なかりけり
                       南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏  「宗祖 一遍上人」
 たちゐにも 念佛のこゑをたづねつつ むかふる慈悲の ふかきみほとけ  「鎌倉十四番観音御詠歌」
(現地案内板)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝による幕府創建の地鎌倉へ 白旗神社へ