旅 瀬戸内(たびせと)

大長(北堀) GoogleMap
     
  大長
大長みかんで全国的に知られている。
港町の周囲の山は、結構急斜面であるが、そのような斜面でもみかんが栽培されている。
こんな急斜面にこれだけの開拓を行ってきた背景には、それなりの理由と相当の苦労があったものと思われる。
すぐ隣には、小長という港がある。
大長の入り江(堀)は長く大きく、小長の入り江は、短く小さい。大長、小長の地名はこの入り江の長さからきたのだろうか?
これらの入江は、岡村島など近くの島にみかん栽培に行く船の停泊港として使用されている。
 

大崎下島へ戻る 広島県の瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ戻る Home