旅 瀬戸内(たびせと)

大崎下島 御手洗 GoogleMap
     
     御手洗  
     
  御手洗     御手洗 町並み保存地区  
御手洗(町並み保存地区)
御手洗は、江戸時代、北前船や参勤交代の諸大名が立ち寄る、潮待ち風待ちの港として栄えた。
港町には、茶屋を置くことが認められており、上関からきた若胡子屋は、港につないだおちょろ船と呼ばれる船で、船乗り相手の船後家(遊女)商売をはじめ、やがて、陸上で茶屋4軒を持ち、100人以上の遊女を抱えるまでになった。
現在も、その内の1軒が残っており往時の繁栄ぶりを偲ぶことができる。
   広告  
         
   高燈籠と住吉神社太鼓橋 住吉神社   御手洗港   
         
松浦時計店 江戸みなとまち展示館 御手洗
   広告  
菅公の井戸 御手洗 天満宮 若胡子屋跡
元醤油蔵 満舟寺 御手洗
江戸の船宿 なまこ壁の家 七卿落遺跡(しちきょうおちいせき)
蛭子神社 常盤町(ときわまち)どおり 旧柴屋住宅
  広告      
   
お食事 脇坂屋  千砂子波止
      Home  広島県の瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 大崎下島へ