旅 瀬戸内(たびせと)

       
      置塩城跡ー赤松氏城跡ーGoogleMap    
             
     
     置塩城跡登山口  
     
    置塩城跡遠望   置塩家の墓   
  置塩城跡ー赤松氏城跡ー黒田官兵衛ゆかりの地
国指定史跡。
室町時代に播磨守護職であった赤松氏の居城。
標高370mの城山の山頂部に位置する播磨最大規模の山城跡である。
遺構は東側の城内最高所にあたる伝本丸跡と、そこから鞍部を隔てた西側の伝二の丸跡を中心に広がり、曲輪・通路・石垣・土塁などが残っている。
平成13〜17年度に夢前町教育委員会が発掘調査を行った結果、伝二の丸跡で庭園とそれに面する大型の礎石建物、伝二の丸跡の北側で曲輪群を貫く通路の遺構等が確認された。
これらは格式を意識して構築されたものであるが、この意識は置塩城跡のプランを特徴づけるものとなっている。
また、伝本丸跡には最終段階で天守的な性格を持つと考えられる?列建物を構築しており、城郭使用の末期段階において伝本丸跡を中心とした曲輪、この城全体の「詰城」的な機能を持っていたと考えられる。
なお、発掘調査を通して出土した生活遺物は、土師器皿、中国製陶磁器碗・皿、備前焼甕・擂鉢、瓦質土器火鉢など1万点以上に及ぶ。
一般的に置塩城は文明元年(1469)に赤松政則が築城したと伝わるが、この城が居城化し大規模に改修されるのは16世紀中葉以降で、赤松政村(晴政)・義祐・則房が城主であった時期に相当する。
天正8年(1580)羽柴秀吉による城破令が出され廃城となった。
                          平成20年8月
                            姫路市教育委員会
(現地案内板)    置塩地区案内図
 
     
         
   置塩城跡登山口付近の夢前川河川敷   置塩城跡登山口前駐車場    置塩城跡登山口   
           
  櫃蔵神社   町村の由来ー旧置塩城下町ー      

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ