旅 瀬戸内(たびせと)

岡山城パノラマ写真
   
  岡山城(烏城)の歴史
備前国邑久郡から起こった宇喜多直家が、岡山の地・石山にあった岡山城の前身にあたる城砦に入城したのは、天正元年(1573)の秋であった。
石山の城はこの地の豪族であった金光氏の小城に過ぎなかったが、直家は、この城を大改築して居城とし、城下町の経営に着手し岡山繁栄の基礎をつくった。
その子八郎秀家は、天承18年(1590)秀吉の意見に従い、石山の東「岡山」に本丸を移し城郭の拡張整備を開始し、慶長2年(1597)天守閣が落成するにおよんで城普請は完成した。これが豪壮きわまりない石垣と内堀を今に残す岡山城本丸である。
秀家の築いた天守閣は、二階建の建物を大中小の三つに重ねた3層6階の構造で、外壁の下見板が黒塗りであったことから「烏城(うじょう)」の別名がある。
この天守閣は、昭和6年に国宝に指定されたが、第2次世界大戦による昭和20年(1945)6月29日の、市街地空襲により消失した。
現在の天守閣は、昭和41年(1966)11月に鉄筋コンクリート造りで再建されたもので、外観は全く旧来の通り復元されている。
(現地案内板) 
 
             
   
  岡山城内堀
岡山城は、烏城または金烏城とよばれた名城で、宇喜多秀家によって天正18年(1590)から慶長2年(1597)にかけて築城された。
内堀は城郭の中心である本丸を西と南から画した重要な施設であり、いまになお築城当時の面影をよく伝えている。
この堀はもともと旧岡山藩主池田家の所領であったが、昭和28年林原グループ太陽殖産株式会社の所有地となり昭和58年林原創業百周年記念事業の一環として岡山市へ寄贈されたものである。
                 昭和58年2月19日
(現地案内版
 
             
        
   
  岡山城から岡山県庁・岡山県立図書館・中国銀行方面   
          さらに詳しくは⇒岡山城