旅 瀬戸内(たびせと)   男木島(香川県) GoogleMap   瀬戸内国際芸術祭2013  
             
       
     
     
    男木島灯台・灯台資料館   春の男木島   
男木島(おぎじま)
高松市の沖合い、女木島の北約1kmに浮かぶ周囲4.7km、面積約1.4平方キロメートル、人口約200人の島。平坦地が少なく、南西部の斜面には石垣の集落が階段状に広がる。
島の北端に建つ御影石造りの男木島灯台は、「日本の灯台50選」のひとつで、昭和32年封切りの映画「喜びも悲しみも幾年月」のロケ地にもなった。
また、灯台職員の住宅跡は、灯台資料館として活用保存されている。
源平合戦の那須与一が射落とした扇が流れ着いたことから「おぎ(おおぎ)しま」という島名がついたともいわれている。
瀬戸内国際芸術祭2013は、2013年3月20日に開幕
瀬戸内国際芸術祭開催地GoogleMap
                                                                                   男木島観光案内図 高松市内宿泊施設
       
男木島灯台 休憩所    豊島   瀬戸内国際芸術祭2013 作品・展示場所
  男木島灯台
香川県の庵治石を主体とした御影石造りの洋式灯台。建設には、7か月の工期と5,385円25銭の費用で明治28年12月10日に点灯し、以来、備讃瀬戸を航行する船舶の安全を守って今日に至っている。
男木島灯台の横には、休憩施設やキャンプ場関連施設がある。また水仙郷やタンク岩(高松市指定天然記念物の柱状節理)、ジイの穴(コミ山の山頂付近にある洞窟で、桃太郎の鬼退治で女木島から逃げてきた鬼が逃げ込んだといわれる)などをまわる遊歩道も整備されている。
 
 
       
 石垣の集落    男木港    屋島・五剣山(男木島より)
  男木港
男木島の南西部に位置するフェリー発着港。男木島の住民のほとんどがこの港周辺に住んでいる。平地がすくないため、斜面に石垣を積み上げて、集落が上に延びている。
ここに作られた男木交流館も瀬戸内国際芸術祭会場となります。
男木漁港
男木港のすぐ南に位置する漁港。港近くには中学校がある。
 
 男木漁港     豊玉姫神社   賀茂神社 
男木島の店舗・食事処 民宿・旅館 瀬戸内国際芸術祭2010 展示場・作品
  竜宮城
男木島のカタログを見ていると「歴史とロマンの竜宮城」との記載があるが、豊玉姫と山幸彦の伝説を読み、この男木島に賀茂神社と豊玉姫神社の両神社が祀られている事実を考えると、男木島と竜宮城は結びついてくる。本当に歴史とロマンに満ちた島である。
    
 
          男木島(高松市ホームページ)  

Home 香川県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る 瀬戸内国際芸術祭2010へ戻る