旅 瀬戸内(たびせと)

西八条第跡ー梅小路公園 GoogleMap
     
     いのちの森  
       
  梅小路公園 中央広場      芝生広場  
  西八条第跡
西八条第は八条亭とも呼ばれ、平安時代後期、平清盛が平安京の八条壬生に構えた六町を有する広大な邸宅で、仁安(にんあん)元年(1166)頃に造営されたとする。
その跡地は下京区歓喜寺町・八条坊門町、南区八条坊門町・八条町に当たる。
「平家物語」によると、清盛が邸内の庭に蓬(よもぎ)を植えたところから蓬壷(ほうこ)とも呼ばれ、白拍子(しらびょうし)妓王(ぎおう)・妓女(ぎじょ)や仏御前(ほとけごぜん)の物語もこの邸宅での話しである。
清盛は仁安2年(1167)に太政大臣(だじょうだいじん)の位(くらい)を退いてから摂津福原(せっつふくはら)(神戸市兵庫区)に居を移したが、妻の二位尼(にいのあま)時子(ときこ)はここに住み、邸内に光明心院(こうみょうしんいん)を営んでおり、また、清盛も入洛の折はこの邸宅を使用している。
清盛は、安元(あんげん)3年(1177)6月の鹿ケ谷(ししがだに)山荘事件の後、この邸宅でその処分を決めている。
また、「山槐記(さんかいき)」によると、治承3年(1179)12月16日、高倉天皇中宮で、清盛の娘である建礼門院徳子(けんれいもんいんのりこ)が生んだ2歳の東宮(とうぐう)(皇太子)言仁(ときひと)親王(後の安徳天皇)がこの西八条第に行啓(ぎょうけい)し、清盛は終日微笑みを絶やさず、指を湿らし障子に穴をあけ、孫と戯(たわむ)れて感涙(かんるい)にむせんだとされる。
治承(じしょう)5年(1181)閏(うるう)2月4日に清盛は64歳で没し、その2日後、この邸で火災が発生した。「平安物語」巻六によると「玉を磨き金銀をちりばめて作られたりし西八条殿、其夜(そのよる)、にはかに焼けぬ。・・・放火とぞ聞こえし」と記され、大小50余りの建物が焼けたとされる。
「玉葉(ぎょくよう)」によると、のちに再建された建物も、寿永(じゅえい)2年(1183)7月25日、平家の都落ちに際して自ら火が放たれ邸宅は残すところなく灰燼(かいじん)に帰した。
文治(ぶんじ)元年(1185)、壇ノ浦(だんのうら)の合戦において安徳天皇は水死、平家はここに滅亡して、約400年間続いた平安時代は終わりを告げる。
西八条第跡の調査は、公園整備前の平成4・5年の春に行われ、柱跡や溝跡のほか、平安時代後期の土器とともに焼土や炭化遺物も出土しており、西八条第で火災があったことを裏付けている。
なお遺跡は盛土して保存されている。
(現地案内板)                       西八条第跡解説図
 
           
   こども公園   ちんちん電車     七条入口広場  
梅小路公園 TEL075-352-2500
JR京都駅から西へ徒歩約15分の所にある面積約125ヘクタールの都市公園。1955年(平成7年)オープン。
公園内には、芝生広場、河原遊び場、七条入口広場、フィールドアスレチックのあるふれあい広場などの自由入場(無料)施設と日本庭園「朱雀の庭」、「いのちの森」、「チンチン電車」、「レストラン・貸室」などの有料施設がある。また、公園の隣には「JR梅小路蒸気機関車館もある。                                        梅小路公園案内図
ちんちん電車
営業日:毎週土曜日・日曜日・祝日(12月28日〜1月4日は休み) 営業時間:10:00〜16:00(15分間隔) 乗車料金:300円/1人(小学生以上)
JR梅小路蒸気機関車館入口 ふれあい広場 緑の館
緑の館
緑の館は、平安遷都1200年を記念してつくられた朱雀の庭と一体となった建物で、館内は庭園の自然と溶け合う空間となっている。
1階にはレストランがあり、2階は朱雀の庭・いのちの森への出入り口となっている。
また、1階のイベント室と2階の茶室と和室は貸室(有料)となっておりさまざまな催しに利用可能。
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始(12月28日〜1月4日) 朱雀の庭・いのちの森:開園時間9:00〜17:00(入園は16:30まで)入園料200円(いのちの森と共通
レストラン:営業時間11:00〜22:00(オーダーストップ21:00)
                                                                                                
梅小路公園ホームページ

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ