旅 瀬戸内(たびせと)    直島 GoogleMap    瀬戸内国際芸術祭2013  
直島
穏やかな瀬戸内に浮かぶ香川県直島。
直島本島を中心に大小27の島々からなり、高松市の北約13km、玉野市の南約2kmに位置、人口約3,250人。
島の名の由来は、その昔、島民の真っ直な心に感激した崇徳上皇により名付けられたと言われる。
島内には崇徳上皇ゆかりの神社などの歴史的遺産や女性だけによる「女文楽」などの伝統芸能がある。

瀬戸内国際芸術祭2013は、2013年3月20日に開幕
瀬戸内国際芸術祭開催地GoogleMap 瀬戸内国際芸術祭2013 作品・展示場所ー直島
会期:瀬戸内の四季を感じて頂くために、春・夏・秋の3シーズンに分けて開催ー春:3月20日「春分の日」〜4月21日(日) 夏:7月20日(土)〜9月1日(日) 秋:10月5日(土)〜11月4日(月) 
瀬戸内国際芸術祭2013を回るには!作品鑑賞時間 各施設により異なる ANDO MUSEUM 宮浦ギャラリーなどの新たな見所が加わっている
休みー月曜日ー祝日の場合は火曜日ー013ベネッセハウスミュージアムは無休 002宮浦ギャラリー六区は夏・秋会期のみ
作品展示場所と廻り方案内直島ー町営バスー1回乗車当り¥100- ベネッセアートサイトー地中美術館への直行バスー無料 町営バスの終点つつじ荘からベネッセの各美術館へは15分間隔でシャトルバスを運行している。

直島
「宮浦港」インフォメーションセンター「海の駅なおしま」TEL080−2850−7328 8:30〜18:00 会期中無休 
島の案内所
:作品鑑賞パスポート、芸術祭情報の入手が可能
本村ラウンジ&アーカイブ TEL087−840−8273 10:00〜16:30 月曜休み(祝日の場合は火曜日)
地中美術館インフォメーションセンター 10:00〜18:00(10〜11月は17:00) 月曜休み(祝日の場合は火曜日)

スリーシーズンパスポート 大人5,000円 高校生3,500円 販売期間2013年4月21日まで 春・夏・秋会期中のみ有効 中学生以下は無料

国際芸術祭2013公式ガイドブック 美術手2013年3月号増刊(美術出版社)ー1冊1,260円ー船の中や休憩時に読むのに良いー 
芸術祭会場ガイドマップー全会場ー1部ー100円ーお勧めー パスポートケース 1枚ー250円ーお勧めー


素顔の直島(ガイドマップ・エリアマップがダウンロードできます。)  高松市内宿泊施設
 直島・豊島宿泊施設 岡山市内宿泊施設
鷲羽山・玉野市周辺宿泊施設
ベネッセハウス(詳しくは) ベネッセアートサイト(詳しくは ベネッセハウス ミュージアム(詳しくは)
ベネッセハウス
ベネッセハウスは、ベネッセアートサイト直島の中核施設。そのコンセプトは、「自然・健康・アートの共生」−1992年にオープン。
ベネッセハウスは、宮浦港から南に、整備されたドライブウェーを通って約4.3kmのところにある。
素晴らしい瀬戸の風景を右に左に眺めつつ、車で、あるいはこの島の本当のよさを味わうためには身軽な服装をして行き、徒歩でいくのがよい。
途中ドライブウェーが峠を越えようとする所で、左前方に小豆島の寒霞渓がみえるあたりまで行くと右眼下の波穏やかな湾に面してベネッセハウスが見えてくる。

この峠から眺めるベネッセハウス周辺の風景は、ハワイ、ハナウマ湾のそばに理想郷を創ったような雰囲気を持っていて非常に素晴らしい。
ベネッセハウス ミュージアム
ベネッセハウス ミュージアムは、安藤忠雄設計の建物で、自然豊かな瀬戸内海の島に建設するということから、できるだけ外観を目立たないようにすると共に、自然景観に調和するように設計建築されているとか。
美術館内部からの瀬戸内海の風景も、まるで額縁の中の絵を見ているようで美しい。
地中美術館(詳しくは) 家プロジェクト(詳しくは) 李禹煥美術館
地中美術館
クロード・モネの「睡蓮」シリーズとウェルター・デ・マリア、ジェームス・タレルの作品を永久展示。
美術館入口近くには、モネの庭の睡蓮が植えられている。
家プロジェクト
直島の町を舞台にしたアートプロジェクト。本村地区の古い家屋空間を利用して、その中でアートを創り上げていっている。直島・本村地区案内図
護王神社(家プロジェクト)
お宮がアートに。暗い地下に入って出てくると太陽や瀬戸内海の美しさがひときわ引き立って見える。 
 
  「関東脱出プロジェクト
人口や権限の東京集中とその弊害が叫ばれ始めてすでに長い年月が経過しましたが一向に改まりません!
新宿駅とその周辺や東京駅、通勤電車等の混雑も慣れてくるとそれほど気にならないかも知れませんが、私達地方の者が上京するとその異常さには驚かされます。
東日本大震災以来、今後予想される大地震や津波について様々な情報が飛び交っています。
この異常な過密都市で、大震災が起こった時、どんな事が起きるのでしょうか?
そうした中、今日本に於いて安全で暮らしやすい街について解説した本が「関東脱出プロジェクト」より発行されました。
それによると
1.岡山市 2.奈良市 3.那覇市 4.札幌市 5.高松市
一度関東脱出を考えてみませんか?
     
直島町営バス 本村エリア(地区) 宮ノ浦エリア(地区)
町営バス時刻表 (平成22年6月15日改定) 直島での食事・買物関係ホームページ

日本にもこんな所があったのかと改めてわが国を見直すような風景である(歩いていく場合、別に宮浦港から直島西岸に海沿いの近道あり)。

Benesse Art Site Naoshima
Benesse Art Site NaoshimaはBenesseが、直島を舞台に展開されているアート活動の総称である(直島町ホームページよりリンクあり)。
直島では、これまで「瀬戸内海の風景の中、一つの場所に時間をかけてアートをつくりあげていく」活動が続けられてきた。
それは、直島の自然や、地域の固有の文化の中に、現代アートや建築をおくことによって、どこにもない特別な場所と経験を創造しようという試み。
(この部分はベネッセアート直島案内書より引用) ベネッセアートサイト直島ホームページ

ベネッセハウス
ベネッセハウスは、三方を瀬戸内海に囲まれた高台に立つ、建築家・安藤忠雄氏設計による美術館とホテルの複合施設で、1995年7月に別館がオープンした。
壁面にアイボリー色の大理石の割り石が一面に張りつけられていて、その外観は、豊かな自然に溶け込んでいる。
中には、大小あわせて7つのギャラリーがあり、現代美術の常設展示を中心として年に1-2回企画展を開催している。
また、16の客室(本館10室、別館6室)があり、どの部屋からも瀬戸内海が一望できる。新鮮な瀬戸の海の幸が楽しめるレストランやゆっくりとくつろげるカフェテラスもある。


家プロジェクト 
家プロジェクトは、直島・本村地区において古い家屋を改修し、アーティストが家の空間そのものを作品化したプロジェクトです。
ここでは、それぞれの建物、ひいてはそこで営まれていた生活や日本の伝統、美意識に対峙した空間がアーティストによって形づくられ、永久展示・公開されています。
(家プロジェクト入場券記載内容より引用)

李禹煥(リウファン)美術館 TEL087-892-3754 〒361-3110 香川県香川郡直島町字倉浦1390
開館時間:3月1日〜9月30日 10:00〜18:00(最終入館17:00) 10月1日〜2月末日 10:00〜17:00(最終入館16:00)
鑑賞料金:1,000円(15歳以下は無料)
休館日:月曜日および12月30日〜1月2日 但し 祝日の場合は開館、翌日休館 7月20日は開館 2011年1月17日〜1月20日はメンテナンス作業のため臨時休館

直島へのアクセス方法は、下の直島町ホームページ参照
瀬戸大橋が開通するまでは連絡船の発着港だった宇野港、未来の港にむかって大きく変貌してきた。
この港より30分-1時間に1度出港しているフェリーボートに乗って20分、直島の宮浦港に着く。

                                                     問合わせ・予約先 ベネッセアートサイト直島TEL0878-92-2030

宇野⇔直島(宮ノ浦)⇔高松間フェリーホームページ 四国汽船 
宇野⇔直島(本村港)航路 四国汽船
宇野⇔直島(風戸)航路 四国汽船
高松⇔直島(本村港)⇔豊島(家浦港) 
高松⇔豊島(家浦港)間     フェリー・高速艇
豊島フェリー
直島町ホームページ(アクセス方法 船の時刻表 島内バス時刻表あり) 直島町営バス路線図 直島ガイドマップ ベネッセハウス周辺案内図
住吉神社 宮浦港 新桟橋 赤かぼちゃ 草間弥生
直島宮浦港 「海の駅なおしま」
宮浦港に2006年に完成した「海の駅なおしま」。斬新なデザインの建物の向こうには、草間弥生の「赤かぼちゃ」が見える。
本村港 極楽寺(詳しくは) 八幡神社
直島ふるさと海の家 つつじ荘(詳しくは) 宮浦港からの夕日 夕日と赤かぼちゃ
幼児学園・小学校 宮之浦⇔本村間道路 本村エリア駐車場
つつじ荘前町営駐車場  地中美術館駐車場 ベネッセハウス〜地中美術館間道路
宇野港(駐車場情報あり) 宇野港からみた直島 直島宮浦港
赤かぼちゃよさようなら 宇野港⇔直島(宮浦)フェリー 瀬戸内国際芸術祭2013 作品・展示場所
瀬戸内国際芸術祭2010参加アーチスト・イベント(直島)⇒芸術祭終了後も殆んどが展示を継続中
芸術集団・芸術家名 出身地 展開予定場所 活動拠点 紹介媒体
大竹 伸朗 1955年東京生まれ No.4 直島銭湯 
No.B はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗
愛媛(大竹)/大阪 Wikipedia
李 禹煥(リウファン)/安藤 忠雄 1936年大韓民国生まれ/1941年大阪生まれ No.10 李禹煥美術館 神奈川(李)/大阪(安藤) Wikipedia
川俣正(かわまたただし) 1953年北海道生まれ No.7 向島プロジェクト「島から島を作る」 パリ Wikipedia
須田悦弘(すだよしひろ) 1969年山梨県生まれ No.6 碁会所/椿 東京 Spysee
千住博(せんじゅひろし) 1958年東京生まれ No.5 石橋/空の庭/ザ・フォールズ ニューヨーク Wikipedia
テレジータ・フェルナンデス 1968年アメリカ・マイアミ生まれ No.8ブラインド・ブルー・ランドスケープ ニューヨーク
モノクロームサーカス&服部滋樹   ホームページ
坂本公成 1967年福岡生まれ 直島 モノクロームサーカス主宰
服部滋樹 1970年大阪生まれ 直島
宮島達男 No.A 角屋/Sea of Time'98(時の海’98) ホームページ
杉本博司 No.C 護王神社/アプロプリエイト プロポーション ホームページ
ジェームズ・タレル No.D 南寺/バックサイド・オブ・ザ・ムーン Wikipedia
内藤礼 No.E きんざ/このことを Wikipedia
ベネッセハウスミュージアム No.F ベネッセハウスミュージアム
地中美術館 No.G 地中美術館
ジョゼ・デ・ギマランイス No.76 フラワー/ハッピースネーク

Home 香川県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る 瀬戸内国際芸術祭2010へ戻る