旅 瀬戸内(たびせと)    中津市役所    
   
     
     
     
  中津市役所        
  中津市ー中津城・城下町中津・耶馬溪ー黒田官兵衛ゆかりの地ー中津市役所 TEL0979-22-1111 〒871-0058 大分県中津市豊田町14−3
中津の城下町としての歴史は、黒田官兵衛が天正15(1587)年に豊臣秀吉から豊前六郡ー築城(ついき)・仲津(なかつ)・京都(みやこ)・上毛(かうげ)・下毛(しもげ)・宇佐(うさ)ーの16万石と馬ヶ岳城を与えられ、山国川河口部に中津城を築城したところから始まる。
黒田氏が福岡へ転封後は、藩主細川忠興が本格的に城下町の整備を始め、江戸時代寛文年間(1661〜1672年)、藩主小笠原氏の時代には城下町としての体裁をほぼ完成している。
享保2(1717)年には、奥平氏が入封し約150年で明治維新を迎えることになる。
町割りは統一され、町屋を武家屋敷と、12ヶ寺に及ぶ寺院が並んだ寺町で囲んでいた。
現在の中津市は、宇佐が宇佐市となり、京都・築城・上毛は福岡県に属するなど中津藩政時代の区分とは異なり、中津藩時代の仲津・下毛を中心とした地域から成っており、城下町の名残を残す市街地と、そこから山国川上流部にそって広がる平野部、そして、青の洞門、羅漢寺附近から上流の景勝地 耶馬溪のある渓谷部に広がっている。

                                   城下町中津案内図広域  城下町中津案内図市街地 中津市耶馬溪エリア地図
 
  広告      
     
          Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 中津市へ