旅 瀬戸内(たびせと)

長崎鼻ー沙弥島ー GoogleMap
     
  長崎鼻石棺   瀬戸大橋ー長崎鼻よりー   
  長崎鼻石棺
沙弥島の北西丘陵の先端に位置する弥生時代後期の石棺。
ここからは、西に牛島や本島、北に与島が眺望でき、海上を見渡せる景勝の地に位置している。
この石棺は、昭和61年の遊歩道工事に伴い、発見されたもので、平成8年に内部調査が実施された。
石棺幅約60p、長さ約1.9mで、主軸は南西方向に配置されている。
北東壁が40pと狭くなっていることから、埋葬者の頭部を南に配置したものと考えられる。
棺の石材には、周辺の岩と同じ花崗岩を使用して側壁としていますが、蓋石は板状安山岩を使用していた。
棺内中央に、銅鍬が一点だけ発見されたが、それ以外の副葬品はなかった。
ただ棺外に接して弥生後期頃のと土器片が発見されたことから、石棺がつくられた時代もこの頃と考えられている。
この頃の島内の遺跡としては、タンポ小型石棺や沙弥ナカンダ浜遺跡が確認されている。
            平成18年9月 坂出市教育委員会
(現地案内板参考)
 

Home 香川県の旅へ 瀬戸内国際芸術祭へ 沙弥島へ