旅 瀬戸内(たびせと)

四国霊場第八十七番札所 長尾寺 GoogleMap
       
    山門   
     
   本堂(左)・大師堂(右)   クスノキ   
     
四国霊場第八十七番札所 長尾寺 天台宗 本尊 聖観世音菩薩 TEL0879-52-2041 〒769-2302 香川県さぬき市長尾西653
開基 天平11(739)年に行基が当地で霊感を得て楊柳(ようりゅう)で聖観世音菩薩を刻み堂宇に安置したのがはじまりと言われている。
弘法大師空海)が唐に渡られる前、当地に滞在し、正月7日の夜、丘の上より護摩符を人々に投げ与えたのと伝説がある。今も毎年1月7日には、福餅投下による「福奪い」や力餅運搬競技の行事として残っている。
天長2(825)年、唐より帰朝した弘法大師が堂宇を建立し四国87番札所と定められた。
源義経の側室、静御前(宥心尼)が、母の磯禅師(磯禅尼)とともに得度したとも伝えられており、剃髪塚や位牌がある。
護摩堂 本堂  大師堂

Home 香川県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ