旅 瀬戸内(たびせと)    別府八湯 明礬温泉 GoogleMap    
   
     
     
     
  別府八湯 明礬温泉      
  別府八湯 明礬温泉
明礬温泉は、伽藍岳の中腹にあり、別府温泉の中で最も地熱活動の強い地域でる。
泉質は酸性硫化水素泉、緑ばん泉でPH3以下の強酸性を示し昔から皮膚病・神経痛・リュウマチ・糖尿病などに効くことで知られている。
湯の花は明礬温泉の有効成分をすべて含有しており、湯けむりの立ちのぼる藁葺きの「湯の花小屋」での製法は江戸時代より変わらず、国指定重要無形民俗文化財に指定されている。
駐車場のある岡本屋売店を中心に、山の湯、山の湯家族風呂、明礬湯の里、豊前屋旅館、山田屋旅館、湯屋えびす、湯元屋旅館、ゑびす屋旅館、岡本屋旅館などの入浴施設、温泉旅館と湯の花小屋が建ち並んでいる。
 
  広告      
   
         
   明礬地獄    湯の花   地獄蒸しプリンの岡本屋売店と湯の花小屋   
  別府八湯 明礬温泉 明礬地獄 大分県別府市明礬3
別府八湯の内の一つ明礬温泉地区にある地熱体で、地表からわずか30p程の所に温泉脈があり地表の割れ目などから硫化ガスの蒸気が噴き出している。
この蒸気を土管などであつめて湯の花小屋に導き「湯の花」の採取を行っている。
見学可能時間:8:30〜17:30
入場料:200円
入場券は道路を隔てて下にある岡本屋売店で・・・・。
  湯の花
青粘土に、地下から噴出する硫化ガスの蒸気を当てると青粘土に噴気が浸透、粘土中のアルミニウムや鉄と反応して粘土表面に硫酸アルミニウムや硫酸鉄の結晶状となって析出する。
これを採集して精製・乾燥したものが「湯の花」で薬として飲用、塗布されたり入浴剤として利用されてきた。
  別府八湯 明礬温泉 
地獄蒸しプリンの岡本屋売店と湯の花小屋

手前が明礬地獄の中に藁小屋を建ててその中で湯の花を採取している湯の花小屋。
前方中央右の建物が岡本屋売店で、湯の花や大人気の「地獄蒸しプリン」を販売している。
東洋一の大きさを誇るアーチ形の橋、「明礬橋」のアーチを通して別府市街を眺めることが出来る。
 
 
     
      明礬温泉パノラマ       
      Home 大分県の旅へ 湯の町別府へ 別府八湯へ