旅 瀬戸内(たびせと)

以仁王(もちひとおう)
  以仁王(もちひとおう) 1151年〜1180年
後白河天皇第三皇子 高倉宮(たかくらのみや) 母は権大納言藤原季成の娘成子
源頼政(みなもとのよりまさ)の勧めにより反平家の狼煙をを上げるが失敗し園城寺、宇治を通って奈良に向かって逃げる途中流れ矢に当たって絶命する。
しかし、以仁王が諸国の源氏に出した平氏討の令旨は木曽義仲、源頼朝らの挙兵へとつながる。
以仁王がこのような行動に出た背景には、建春門院平滋子を母とする憲仁親王が高倉天皇に即位し清盛の娘徳子との間に生まれた言仁(ときひと)が皇太子となったことに端を発するとされている。
 
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語略年表へ 平清盛の略歴へ 皇室関係略系図へ 桓武平氏略系図へ 清和源氏略系へ 藤原氏(北家)略系図へ