旅 瀬戸内(たびせと)    毛利元就像    
   
        
  毛利元就像
毛利元就は安芸吉田に生まれ生涯を過ごした戦国武将。
明応6(1497)年3月14日に郡山城(一説では母の里鈴尾城)に毛利弘元の二男として生まれ、4歳から27歳までを多治比猿掛城で過ごした後、27歳で郡山城に入城、75歳で亡くなるまで郡山城を本拠地として、二百数十回に及ぶ戦いに勝利し、中国地方一円にまで勢力を拡大した。

1歳  明応6(1497) 毛利弘元の二男として、3月14日生まれる。
4歳  明応9(1500) 元就は父弘元に連れられ多治比猿掛城に移る。
5歳  文亀元(1501) 母(34歳)をなくす。
  10歳 永正3(1506)  父(39歳)をなくす。
21歳 永正14(1517) 元就の初陣、有田中井出の戦武田元繁を斬る。
27歳 大永3(1523) 元就は宗家を相続し郡山に入城する。この年隆元誕生。
34歳 享禄3(1530) 二男元春生まれる。
37歳 天文2(1533) 三男隆景生まれる。
44歳 天文9(1540) 郡山合戦起こる(9月から翌年1月まで)尼子軍敗退。
49歳 天文14(1545) 元就夫人(妙玖)47歳で亡くなる。
57歳 天文22(1553) 元就の孫(隆元の長男)輝元生まれる。
59歳 弘治元(1555) 厳島合戦、陶軍全滅する。
  61歳 弘治3(1557) 元就は、三人の子隆元・元春・隆景に教訓状を与える。
67歳 永禄6(1563) 毛利・大友間の講和成立。九州から出雲遠征途中の長男隆元を亡くす。
70歳 永禄9(1566) 出雲富田城を4年に亘る持久戦で攻め尼子氏に勝利しほぼ中国地方を平定する。
75歳 元亀2(1571) 6月14日病気で亡くなる。墓標にハリイブキを植える。現在は枯れている。
(履歴部分は毛利元就墓所の案内板より) 
 
  広告      
   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ