旅 瀬戸内(たびせと)

モアイ像 GoogleMap 
     
  「おにの館」の直ぐ隣には、モアイ像が。   
モアイの紹介
南米チリ共和国に属するイースター島は、チリ本土サンチャゴより約3,800km沖合いの太平洋上に位置する。
この島に、世界七不思議のひとつとして有名なモアイ像がある。
モアイ像は、6〜17世紀にわたり島民の守護神としてつくられたと言われており、その数は約1000体にも及ぶ。
17世紀頃、島の食糧危機に端を発した部族間の争いにより全てのモアイ像が倒された。更に1960年5月、チリ大地震で発生した津波によって、イースター島最大の遺跡、アフ・トンガリキのモアイ像は再び破壊されてしまった。
日本・チリの考古学者とイースター島民による約3年に及ぶ努力で、1995年5月、整備された祭壇に15体のモアイ像が再建された。
ここに建立するモアイ像は、その再建の為に吊り上げテスト用に制作した模刻であり、高松市に寄贈されたものである。
   1996年11月3日 高松市  寄贈:株式会社タダノ  制作:山田 和弘
(現地案内板より)

女木島へ戻る Home