旅 瀬戸内(たびせと)

源頼家の墓 GoogleMap
源頼家(みなもとのよりいえ)の墓
正治(しょうじ)元年(1199)に父頼朝(よりとも)の後を継いで18歳で鎌倉幕府の二代将軍となった頼家は、父の没後に専横(せんおう)になった北条氏を押さえて幕府の基礎作りに懸命であったが、大きく揺れ動く時流と、醜い駆け引きに始終する政争に破れ、在位わずか6年でこの修善寺に流され、元久元年(1204)祖父北条時政(ほうじょうときまさ)の手で入浴中に暗殺された(享年23歳)。
「修善寺物語」はこうした政治的背景の上に配所(はいしょ)の若き将軍頼家と、面作り師夜叉王(やしゃおう)を中心に、それにまつわるロマンスを綴ったものである。
この碑は、元禄16年(1704)頼家の500周忌にあたって、時の修善寺住職筏山智船(ばっさんちせん)和尚が建てた供養塔であり、墓はその裏側にある2基の小さな五輪石塔である。

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ