旅 瀬戸内(たびせと)

源 義経(みなもとのよしつね)
  源 義経(みなもとのよしつね) 1159年〜1189年
父は源義朝(九男) 牛若 遮那王(しゃなおう) 九郎判官 兄頼朝(異母) 兄範頼(異母) 母常盤御前
平治の乱で父の義朝が平清盛に負けたため三兄弟と共に殺害される運命にあったが母常盤御前の嘆願により清盛により助命され、常盤の再婚相手である藤原長成(ながなり)の援助で鞍馬寺に入る。鞍馬山「僧正が谷」で鞍馬天狗より兵法を学んだ後奥州平泉に脱出藤原秀衡の庇護を受ける。
1180年兄頼朝の挙兵を知り駆けつける。頼朝の命に従い木曽義仲との戦いをかわきりに、三草山、一の谷屋島の戦いで勝利し平氏を長門壇ノ浦へ追い詰め滅亡に導く。
この間、後白河法皇から頼朝の許可無く官位を受けたり、軍監として頼朝から派遣されていた梶原景時から頼朝への讒言などを受けたため頼朝から疑惑の目を向けられ面会を拒絶される。この時「腰越状」を出すが頼朝の疑惑を解消することができず、兄頼朝から追われる身となり吉野から奥州の秀衡の下へ逃れるも秀衡の子泰衡に襲われて衣川の館での自害に追い込まれる。
 
源 義経ゆかりの地
   
鞍馬寺 牛若丸息次ぎの水 鞍馬寺 僧正が谷不動堂 義経馬つなぎ松(義経公御陣の跡) 義経鞍掛松

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語略年表へ 平清盛の略歴へ 皇室関係略系図へ 桓武平氏略系図へ 清和源氏略系へ 藤原氏(北家)略系図へ