旅 瀬戸内(たびせと)

源範頼の墓 GoogleMap
     
       
     
    源範頼の墓      
  源範頼(みなもとののりより)の墓
範頼は鎌倉初期の武将、源義朝(みなもとのよしとも)の第6子で蒲冠者(かばのかじゃ)と呼ばれた。
治承(じしょう)4年(1180)に兄頼朝と義仲が対立した時、弟義経と共に義仲を倒し、次いで一ノ谷(いちのたに)の合戦で平家を破り、功によって三河守(みかわのかみ)に任じられた。
その後頼朝と義経の仲が険悪化し、頼朝が範頼に義経討伐を命じたが断ったため、頼朝から疑われるようになった。
建久(けんきゅう)4年(1193)の曽我兄弟(そがきょうだい)仇討ちの際、頼朝討死(うちじに)の誤報が伝えられ、悲しむ政子を「範頼があるかぎりご安心を」と慰めたため、幕府横領の疑いを招いた。
範頼は百方陳弁(ひゃっぽうちんべん)に努めたが、ついに修善寺に幽閉され、さらに梶原景時(かじわらかげとき)に攻められ、日枝神社下の信功院(しんこういん)で自害したと伝えられている。
 
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ