旅 瀬戸内(たびせと)    御国野町御着ー黒田官兵衛ゆかりの地 GoogleMap    
             
     
     火山ー神楽山ー  
     
  旧山陽道       庚申堂  
  御国野町御着ー黒田官兵衛ゆかりの地
播磨の守護赤松氏の家臣小寺政隆が、永正16年(1519)に築城、黒田官兵衛の祖父重隆の代に、御着城城主小寺政職に仕えた。
御着城址の南側を旧山陽道ー西国街道ーが、御着城址を二つに割くように旧国道2号線が通っている。
旧山陽道には一部古い町並みが残っており、かっての町の様子を偲ぶことが出来る。
また、御着城の外堀としての役割も果たした天川が城の西側を北から南に、途中で南東に方向を変えて流れている。
この天川橋には、石造りの太鼓橋、「天川橋」が架けられていたが昭和47年9月の洪水で破損した。
現在は、御着城址の姫路市東出張所裏に移築復元されている。
小寺氏は天正6年(1778)か7年に、羽柴秀吉の播磨侵攻で滅亡された。
 
     
         
   天川橋   徳證寺    大歳神社   
           
   延命寺    法華寺    JR御着駅  
       
   JR御着駅前通り    御着城址    壇場山古墳  
           
   播磨国分寺