旅 瀬戸内(たびせと)

       
      妻鹿城址ー黒田官兵衛ゆかりの地ー GoogleMap    
             
     
    妻鹿城址   
     
    妻鹿城址の石碑    荒神社  
  功山城ー妻鹿城址ー国府山城址ー黒田官兵衛ゆかりの地
功(こう)山城は、市川左岸の甲山(こうざん)(標高102m)にあり、別称を妻鹿城・国府山城・甲(こう)山城・袴垂(はかまたれ)城ともいわれています。
初代城主は、薩摩氏長の子孫で、「太平記」で有名な妻鹿孫三郎長宗(めがまごさぶろうながむね)です。
長宗は元弘の戦(1330年)によって妻鹿地方を領有するようになり、ここ功山に城を築いたといわれています。
その後、姫路城内で生まれた黒田官兵衛孝高(くろだかんべえよしたか)の父職隆(もとたか)は、天正元年(1573)に姫路城から功山城に移り居城としました。
また、天正8年(1580)三木城主別所長治を滅ぼした豊臣秀吉は三木城を居城としました。
これに対し、官兵衛孝高は三木城が戦略的に不備であることを進言し、自らの居城である姫路城を秀吉に譲り、功山城に移りました。
官兵衛孝高は、後に九州福岡に移り、黒田藩56万石の大大名の基礎を築いたことはあまりにも有名です。
天正13年(1585)職隆が没した後は、廃城となったようです。
なお、職隆公の廟所は妻鹿町内にあり、町民に「筑前さん」と呼ばれ、親しまれています。
(現地案内板ー姫路南ライオンズクラブ贈)  妻鹿城址案内図
妻鹿城址の周辺には、駐車できる場所が無かったので、仕方なく、市川左岸堤防上の道路で、甲山先端付近に少し広くなった所があったのでそこに駐車した。
 
    広告  
     
         
   甲山経塚    市川河口方面ー甲山経塚よりー    甲山経塚から妻鹿城址主郭への路  
   
      白浜・市川河口・飾磨方面ー甲山経塚よりー       
     
       市川・飾磨・英賀保方面ー甲山経塚よりー      
       広告  
     
         
   妻鹿城主郭跡    英賀城址方面    書写山・姫路城・広嶺山方面  
     
       英賀城址・金亀山・手柄山公園方面ー妻鹿城址よりー    
     
      書写山・姫路城・広嶺山方面ー妻鹿城址より       
  広告      
     
   
             

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ