旅 瀬戸内(たびせと)

       
      松原八幡神社ー黒田官兵衛ゆかりの地ー GoogleMap    
             
     
    松原八幡神社 楼門  
     
  松原八幡神社 拝殿    松原八幡神社 本殿  
  松原八幡神社黒田官兵衛ゆかりの地
天平宝字7年(763)豊前宇佐八幡宮から分霊を勧請して創建といい、妻鹿の漁人久津の網に「八幡」と書かれた一尺ばかりの霊木を海中から拾い上げたという。
息長足比売命・品陀和気命・比淘蜷_の三神を祀り旧県社。
平安時代に石清水八幡宮領松原荘の総鎮守となり、鎌倉時代には八幡大菩薩垂迹の地として崇敬を集め、一遍上人の参詣も知られる。
南北朝時代の「峯相記」には、「社頭繁昌」し「神事祭礼厳重」と記すが、戦国時代に至って度々の戦乱被害にあい、天正12年(1584)社頭再建を伝える。
現社殿は享保3年(1718)、楼門は延宝7年(1679)の造営という。
社頭は羽柴秀吉の社地移転命令を拒否して60石に削減されたといい、この60石が江戸時代を通じて朱印地として安堵された。
明治に至って姫路藩好古堂教授だった亀山雲平が宮司となり、私塾久敬舎ついで観海講堂を設立して住人の教育にあたり、播磨一円から門人が集まったという。
松原八幡神社秋季例祭風流(まつばらはちまんじんじゃしゅうきれいさいふりゅう)
兵庫県指定重要無形民俗文化財(平成18年3月17日付け指定)
「灘まつり」「灘のけんか祭り」として全国に知られる祭礼で、東山・木場・松原・八家・妻鹿・宇佐崎・中村(宵宮宮入順)の七地区によって担われ、年番地区を中心に祭礼を執行。
「灘七村」と称される近世以来のムラを基盤とする地域住民の強固な伝統意識によって継承され、神輿と太鼓屋台(ヤッサ、ヤタイと称する)の練りや練り合わせと傘鉾・獅子舞・獅子檀尻・お迎え提灯・大幟などの風流が特徴的で、お旅所の麓の桟敷席を伴う特設の観覧場での風流は華麗さ壮大さにおいて特異なもの。
文献・絵画資料も豊富で、祭礼の歴史は荘園鎮守としての松原八幡宮放生会まで遡ることができ、鎌倉時代までの流鏑馬の風流を嚆矢として室町時代には「一つ物」「天童」「傘鉾」などの風流が現れ、江戸時代に至ると獅子舞・芸屋台の檀尻、18世紀中頃には太鼓屋台が登場して現在は風流の中心を占め、播州平野にのみ展開している特異な神輿屋根型屋台の分布圏の中心の一つと想定されている。
特に、近世後期に流行した祭礼風流の受容・変遷・伝播を跡づける上で貴重なもの。
10月14日宵宮、15日本宮。
打刀拵一振(うちがたなこしらえひとふり) 附刀身一口(つけたりとうしんいっく)
兵庫県指定重要有形文化財(昭和51年3月23日付け指定)
刀身に寛永21年(1644)9月、服部兵左衛尉の寄進銘のある桃山時代の打刀拵。
優れた打刀拵で年代も明確なものは希であり、特に当時の拵えに埋忠光忠所伝の鐔が掛かったまま保存されている例は他にない。
総長132p、刃長102p、総返り1.2p
姫路市美術館寄託
松原八幡神社楼門(まつばらはちまんじんじゃろうもん)
姫路市指定重要有形文化財(昭和48年4月6日付け指定)
「社記」によると延宝7年(1679)12月建立とあり、下層桁行約7.1m、梁間約3.8m、上層桁行約6.8m、梁間約3.6m、入母屋造、本瓦葺、三間一戸の楼門。
下層中備の蟇股や親柱間の龍の欄間など若干装飾が目立つものの全体としては控えめな江戸時代中期の播磨の代表的な楼門。
         平成18年9月 姫路市教育委員会
(現地案内板)
 
  広告   
     
         
   松原八幡神社 絵馬殿   住吉社・神楽殿・神明社    保存樹 イチョウ   
  黒田官兵衛の時代の松原八幡神社
天正元(1573)年羽柴秀吉の三木城攻めの際、織田方、毛利方のどちらに味方するか、決着が付かなかった為、別所長治の怒りにあい火を放たれた。
羽柴秀吉の播磨平定後、秀吉もその時の松原神社の態度を怒り城南の芝原(現在の姫路市豊沢町)に移転する様に命じたが、黒田官兵衛は、松原が由緒ある地として現地での存続を懇願した。
その結果、社領を60石に減じられながらも移転は免れることが出来た。
その後、天正12年頃(1584)当社の僧・快祐が社殿を復興した。この時官兵衛も社殿を寄進している。
    
 
         
   松原八幡神社 倶釣祠   白躰社    松原八幡神社 摂社・末社   
         
   松原八幡神社 宮白稲荷社   松原八幡神社 高良社    日清・日露 戦没者慰霊堂  
  広告      
     
   
         
   松原八幡神社 厳島社    松原八幡神社 若宮社    金比羅社  
           
   粟生の松原          

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ