旅 瀬戸内(たびせと)

松山城
     
     二之丸から見た松山城  
     
  松山城天守閣     石垣と天守閣  
  松山城の沿革
松山城の創建者は、加藤嘉明である。嘉明は、永禄6年(1563)に三河国(愛知県)永良郷賀気村に生まれた。
父広明は徳川氏譜代の武士であったが6歳の時に美濃国(岐阜県)で逝去した。
孤児となった嘉明は諸国を流浪し、やがて羽柴秀吉に見出されてその家臣となった。20歳の時賤ヶ岳の合戦に加わり、七本槍の一人として、武勲をたてたことは余りにも有名である。
その後従五位下、左馬助に補せられ、文禄の役の戦功によって伊予国正木(伊予郡松前町)六万石の城主に封ぜられた。
その後慶長の役(1597)においても活躍し、十万石に加増され、慶長五年(1600)の関ヶ原の戦いに徳川家康に従軍し、その戦功が認められて二十万石となった。
そこで嘉明は同7年(1602)に道後平野の中枢部にある勝山に城郭を、その周辺部に城下町を築くため、足立重信を普請奉行に命じて工事に着手した。
翌8年(1603)10月に嘉明は、家臣および正木の住民とともに居を新城下に移すこととなり、初めて松山という名称が公けにされ、その後も工事は継続された。
当時の天守閣は五層で偉観を誇っていた。嘉明は松山にあること25年、寛永4年(1627)に会津へ移った。
その後へ蒲生氏郷の孫忠知が出羽国(山形県)上ノ山城から入国し二之丸の造営を完成した。
在城僅か7年のち寛永11年(1634)8月参勤交代の途中京都で病没し、嗣子がなかったので断絶した。
その後、寛永12年(1635)7月伊勢国(三重県)桑名城主松平定行が松山城主15万石に封ぜられて以来世襲して、明治維新に至った。
なお天守閣は、寛永19年(1642)に三層に改築されたが、天明4年(1784)
落雷で焼失した。
文政3年(1820)から再建工事を企画し、35年の歳月を経て、安政元年(1854)に復興した。これが現在の天守閣である。
標高132メートルの勝山山頂に本丸を置き、中腹に二之丸、山麓に三之丸(堀之内)を置いた。広大な規模を持ち、姫路城、和歌山城とともに典型的な連立式平山城である。
(現地案内板より)

                                             松山城古図 松山城下図
天守閣入城料:大人500円
 
       
  紫竹門    天守閣   石垣  
城門 黒門口登城道 松山城二之丸史跡庭園
堀之内 松山城 ロープウェイ 松山城ロープウェイ乗り場のある道路
秋山兄弟生誕地
マドンナバス:土曜・日曜・祝日・振替休日のみ運行 変更の場合有 問い合わせ先 伊予鉄道且ゥ動車課089-948-3172 運賃:1乗車200円(乗車の際支払い)
1日乗車券(1日乗り放題) 遊々チケット400円(対象:マドンナバス・電車・バスーマドンナバス車内・各販売窓口にてチケット販売)
1日乗車券に@プラス200円で坊ちゃん列車1乗車可 Aプラス200円で”大観覧車ぐるりん”の利用可
坊ちゃん列車:1乗車あたり大人300円 小児200円(坊ちゃん列車の乗り場:道後温泉・大街道・松山市駅・JR松山駅前・古町
                                               回遊バス・路面電車路線図

今回は、都合で岡山から日帰りの日程だったので、松山城及びその周辺と道後温泉の一部を見るのがやっとでした。
それにしても、高速道路、瀬戸大橋通行料金の1,000円への引き下げは行動範囲を大きく増やしてくれます。早く無料化(少なくとも高速道路と瀬戸大橋共通で1,000円)にしてほしいものです。

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ