旅 瀬戸内(たびせと)

道後温泉 GoogleMap
     
    道後温泉街(道後公園より)   
     
   道後温泉本館   道後公園   
道後温泉
日本最古の歴史を誇る温泉としてまた、夏目漱石の小説「坊ちゃん」でもよく知られた温泉。
木造三階建ての本館は、明治27年に建てられて以来、全国から多くの人々が訪れ、平成6年には温泉施設として、日本で初めて国の重要文化財に指定された。「残したい日本の音風景100選
」にも指定されている。

上の写真は道後温泉本館西面。右手が道後温泉駐車場入口。駐車場は石垣の上にある。

道後公園(湯築城跡)
中世伊予国(現在の愛媛県)の守護河野氏の居城として、約250年存続した湯築城跡。当時の生活を偲ばせる武家屋敷の復元など、歴史文化に触れることのできる公園として整備している。
(現地案内板より)
                                                                            道後温泉案内図
         
  湯釜    子規記念博物館    道後商店街  
  道後温泉 湯釜薬師
湯釜は温泉の湧出口で、石造りの円筒である。
この湯釜は日本最古で、現在の本館が建つまで前の温泉場で使われていた。湯釜を温泉の守護仏として祀り、毎年湯釜薬師が行われる。
(道後村めぐり 現地案内板より)

夏山市立子規記念博物館

近代俳句の父として知られる正岡子規は、松山が生んだ偉大な文学者。
松山市立子規記念博物館は「子規とその時代」など3つのコーナーで彼の世界を再現。特に子規と夏目漱石の交友については、2人の書簡などの展示で詳しく紹介している。
(道後村めぐり現地案内板より) 

道後商店街

市内電車の道後温泉駅から道後温泉本館へ通じる商店街。
道後温泉駅前には、足湯「放生園」、「坊ちゃんカラクリ時計」が、商店街中ほどには、西へ延びつ小路「にきたつの道」、道後温泉本館の姉妹湯「椿の湯」などがある。
 
         
   玉の石    伊佐庭如矢銅像   湯神社   
  玉の石 御湯かけ祈願
玉の石の由来は「伊予風土記」の逸文に見られる。
道後温泉の御湯をかけながら「病気平癒」「縁結び」「商売繁盛」等の願い事を唱え、二礼二拍手一礼の拝礼をすることにより神様にその意が通じるとのこと。

伊佐庭如矢(いさにわゆきや)
道後湯之町の初代町長として、城大工の坂本又八郎と共に道後温泉本館建築に情熱のすべてを注ぎ、明治27年4月の落成にこぎつけた。

湯神社
祭神は、大己貴命と少彦名命のニ神である。
社伝によれば、舒明天皇行幸のとき、勅命により神殿を新築したと旧記に記されているという。
温泉は、地震などで、今までに十数回、湧出が止まったといわれ、その度に神楽を奉納して祈願したりしたといわれている。今も「湯祈祷」という例祭があり、正月の初子の神事も世に知られている。
 
漱石 坊ちゃんの碑 道後温泉 道後温泉街
瀬戸内しまのわ2014
瀬戸内に浮かぶ島々が、ひとつの「わ(輪)」のようにつながり、日本のこれから、世界のこれからを豊かに生きていくきっかけをつかむようなイベントにしたい。
瀬戸内に暮らす人々、瀬戸内に育まれた人々、そして瀬戸内を訪れる人々、瀬戸内に「わ(和・縁)」のあるすべての人に瀬戸内の元気やぬくもりを感じていただけるようなイベントにしたい。
このような願いを込めて開催される博覧会「瀬戸内しまのわ2014」が2014年3月21日(金)〜10月26日(日)の間広島県と愛媛県の共催で開催。
春ー季節のイベント
しまのわ”まるごと”しまフェスタin三津浜・道後

日時:2014年 4月19日(土)〜4月20日(日)
会場:松山市 三津浜港周辺ほか、道後地区
道後温泉駐車場 奥道後温泉 瀬戸内しまのわ」博覧会ホームページ
道後温泉駐車場(有料)
道後温泉本館横の冠山の上、湯神社のそばにある。道後温泉街がよく見える。
奥道後温泉
道後温泉から少しはなれたところにある。

Home 愛媛県瀬戸内海沿岸地域・諸島の旅へ 瀬戸内しまのわ2014へ