旅 瀬戸内(たびせと)

京都御苑 GoogleMap
   
京都御苑
京都御苑のあらまし
京都市内の中心部にあって、深い緑に包まれた京都御苑は、東西約700m、南北約1,300mのほぼ長方形をしており、このうち御所などを除いた約63haが「国民公園」として終日開放されています。
苑内には約5万本の樹木が成育し、外周九門や、かっての公家屋敷の遺構も多く残っています。
豊かな自然と歴史に恵まれた京都御苑は、御所の前庭として、また、散策、休養、スポーツ、そして自然や歴史とのふれあいの場として多くの人々に親しまれています。
京都御苑の歴史
京都御苑が現在のような公園として整備されたのは、明治以降のことで、それまでは左図のように約200軒の公家屋敷が建ち並ぶ公家町を形成していました。
明治2年(1869)の東京遷都に伴って御所周辺は荒廃し、明治10年(1877)、京都に還幸された天皇は、この状況を悼み、整備の御沙汰を下されました。
これを受けて「大内保存事業」が進められ、皇室苑地として整備されたのが現在の京都御苑の始まりです。
(以上現地案内板)
                                                     京都御苑案内図
閑院宮邸跡 皇后門 建礼門
閑院宮邸跡
京都御苑の中で唯一建物や庭園の面影が残っている公家屋敷跡。 閑院宮家は、伏見宮、桂宮、有栖川宮家と並ぶ江戸時代の四親王家のひとつ。
建礼門
京都御所の正門で国賓として外国元首が来訪された時や天皇が臨幸される時にのみ開かれる。桧皮葺、切妻屋根の四脚門。
平清盛の娘であり、高倉天皇の中宮で安徳天皇の母となった平徳子の院号「建礼門院」は、この門の名からとっている。
   
九条邸跡 鷹司邸跡 宗像神社
九条邸跡
五摂家の一つであった九条家跡。現在は、茶室、「拾翠邸」と「厳島神社」、「九条池」にその面影を残す。堺町御門を入った西側にある。
鷹司邸跡
堺町御門を入って右前方に大きな楠木が見えるが、この側に案内板が立てられている。
宗像神社
清和源氏の祖、清和天皇ご誕生の地といわれている。
仙洞御所(詳細あり) 清水谷家の椋 堺町御門
大宮御所・仙洞御所
仙洞御所は、皇位を退かれた天皇(上皇・院など)の御所、大宮御所は、もと、後水尾天皇の中宮、東福門院(徳川和子ー徳川秀忠と江との間にできた五女)の女院御所として造営されたのがはじまりで、跡に慶応3(1867)年英照皇太后(孝明天皇皇后)のために大宮御所が造営された。
堺町御門
京都御苑の南、堺町筋に面している。金門の変(蛤御門の変)の舞台となっている。
近衛邸跡 旧桂宮邸跡 猿ヶ辻
猿ヶ辻
御所、築地塀の北東角を言い、烏帽子をかぶり御幣をかついだ猿(日吉山王神社の使い)が御所の鬼門を守っている。
今出川御門 朔平門 宜秋門
建春門 清所門 蛤御門
建春門
後白河上皇の妃(平清盛の妻時子(二位の尼)や平時忠の姉、平滋子)で高倉天皇の母、建春門院の女院号となった門。
御所の東側の築地塀の南部に建てられており、現在は皇后陛下、皇太子殿下の出入りに使われている。
前後に向唐破風(むかいからはふ)の屋根をいただく切妻造り桧皮葺の四脚門。
清所門
かっては、御台所御門と呼ばれ御所の勝手口として使用されていた。
現在は京都御所の見学を申し込んだ時にここから入れてくれる。門には皇宮警察の皇宮護衛官が常に見張っている。瓦葺。
蛤御門
京都御苑西門の一つで、かっては新在家御門と呼ばれ常に閉ざされていたが、「天明の大火」(江戸時代)でそれまで閉ざされていた門が初めて開かれたことから「焼けて口開く蛤」に例えられ「蛤御門」と呼ばれるようになった。江戸時代末期、元治元(1864)年に起きた「蛤御門の変」でも有名。
宮内庁京都事務所 そば処 竹邑庵 京都ガーデンパレス
宮内庁京都事務所 〒602-0881 京都市上京区京都御苑3 TEL075-211-1215
京都御所・仙洞御所見学の申し込み手続きをすることができる

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ