旅 瀬戸内(たびせと)

       
   スマートフォンで表示   黒田家御廟所ー長浜 木之本ー GoogleMap    
             
     
    御廟ー源宗清と書かれた御影石が1973年に発掘ー  
     
    黒田家御廟所   碑文   
  黒田家御廟所ー長浜 木之本ー黒田官兵衛ゆかりの地GoogleMap
黒田家の由来
筑前・福岡五十二万石・黒田藩の始祖は、当地の御廟に祀られている佐々木源氏(近江源氏)の流れをくむ黒田判官・源宗清(別名宗満)公であり、この地・近江国伊香郡(木之本町)黒田村に住み、湖北の荘園の領主として、黒田判官と称した。
黒田村の中央の小字・構(かまえ)と称するこの一町角が往年の構屋敷、即ち黒田判官の邸跡である。
黒田判官・宗清公(弘安元年=1278年・延文2年=1357年病没・享年79歳・法名道法)より数えて6代目・高政公の時代、永正8年=1511年山城船岡山の戦いの後、備前邑久郡福岡村に移り住むまでの約200年間黒田氏は6代にわたりこの地に居を構えていた。
この構え屋敷から西へ約1q離れた余呉川対岸の山麓、小字名を穂先谷ー今の保崎谷(ほさきだに)−の観音寺に、かっては穂先長者とも伝えられている源 宗清公が寄進したといわれる鎧の草摺があった。
更にそれより南1.7q離れた田井(今の田居)の寿徳寺(黒田村より移築された寺院、今の樹徳寺)には黒田氏歴代の墓石と黒田官兵衛孝高(よしたか)如水公の肖像画の掛軸がある。
黒田藩の歴代藩主
初代 孝高(如水) 二代 長政 三代 忠之 四代 光行 五代 綱政 六代 宣政 七代 継高(宣政の甥) 八代 治之(徳川宗尹の五男) 九代 治高(京極高慶の三男) 十代 斎高(徳川治斎の次男) 十一代 斎清 十二代 長溥(島津重豪の九男) 十三代 長知(藤堂高猷の次男) 十四代 長成(枢密院副議長) 十五代 長禮(宮内庁式部職狩猟官) 十六 代長久(山科鳥類研究所々長) 
十七代 長高
                 平成9年(1997)記
(現地案内板)    
 
     広告  
     
         
   黒田家御廟所とその前の池    構屋敷ー黒田判官邸跡ー   黒田邸跡の石垣?   
      構屋敷ー黒田判官邸跡ー
右に黒田家廟所が左の建物は黒田集会所
  黒田邸跡の石垣?
構屋敷ー黒田判官邸跡ーの回りにはこのような石垣が築かれているのだが、この石垣は、650年あまり前の当時のものなのか?
左上隅には、黒田家廟所の案内板が・・・。
 
 
         
  黒田神社     黒田集落    朝日山 樹徳寺  
  黒田神社
配祀神 黒田大連

当社は、欽明天皇の御宇(540)の創始と伝えられる。
和銅年間(710)黒田大連此の地に繁栄し、郷名を黒田郷と称し、その一族の奉祀に係り、森崎黒田大明神とあがめ、黒田五郷の総社で延喜の制定されるや国幣の小社に列せられた名社である。
当社は往昔しばしば兵火に罹り承久の乱(1221)で社殿焼失し、続いて元亀の頃(1560)またしても兵乱のため、降って天正11年(1576)賤ヶ岳の戦火で余燼は神殿、神宝をも鳥有に帰し再建の事ならず、隣郷の大澤神社に合祀奉斎されてきたが、明治9年氏子の永年の念願稔り元の社地に再建遷座された。
かって近江源氏と称した佐々木源三秀義公の後胤黒田左衛門尉大夫判官源宗清公当地を領し、姓を地名よりとって黒田氏と称し七世に及ぶ間当神社を氏神として崇敬篤く献進が寄せられた。
    例大祭  4月17日
    特殊祭儀 おこない 2月17日6組の塔主によって厳修される。
      浄土真宗大谷派 朝日山 樹徳寺 TEL0749-82-2613 〒529-0432 滋賀県長浜市木之本町田居19
開基:元弘年間(1331〜1334)
本尊:阿弥陀如来
もとは黒田にあったが明治11年当地に移転。
宝徳元年(1449)真宗に改宗
黒田家菩提寺
黒田官兵衛公肖像画と黒田氏歴代の墓石がある。
 
 
  広告      
   
   
         
   伊香具神社    一ノ宮の白樫(野神・神木)    糸とり資料保存館  
  伊香具神社由緒 
TEL0749-82-5554 
〒529-0431 滋賀県長浜市木之本町大音688
御祭神 伊香津臣命
創立 白鳳10年(660年頃)
御祭神「伊香津臣命」は天児屋根命第七代孫であり、この神様が当伊香郡開発の始祖としてこの地に祭られたのは、伊香郡が古代豪族伊香連の根拠地であった故と思われる。
「近江風土記」に収録された羽衣伝説では、伊香刀美という人が伊香小江で水浴していた天女と夫婦になり四人の神々をもうけたと伝えているが、この伊香刀美こそ「伊香津臣命」と同一ではないかと思われる。
その後9世紀後半に当神社神官伊香厚行が菅原道真公との親交深く、寛平7年(895年)には菅公自筆の法華経、金光明経が奉納され、同時に宇多天皇より「正一位勲一等大社大明神」の勅額を贈った。
そして、伊香郡四十六座中第一の大社(延喜式内社)として明神大社に列せられた。
のち建武3年(1336年)足利尊氏が朱印状を寄せて正月、五月、九月の年三回、国の平安を祈る祈とうを依頼した。
しかしながら織田信長が天下を支配するやその領地は没収され、更に賤ヶ岳の戦で社殿、宝物等はことごとく焼失した。
当社正面の鳥居は、三輪式と厳島式を組み合わせた独特の形式で、かってこのあたりまで入り江であったことを示すものである。
また背後の山は伊香山と呼ばれ中腹の大岩のかげに天児屋根命を祭る祠が鎮座している。
  一ノ宮の白樫(野神・神木)
湖北地方では古くから塚や巨木を野神として祀る風習があります。
雷・風雪に耐え、天を覆う大きい樹冠と苔むした表皮からは400年の風格を感じ取れます。
         大音区    賤ヶ岳観光協会
(現地案内板) 
  糸とり資料保存館
糸とり・絹織物の歴史

繭を紡いで糸とりする技法と絹織物の大音へ伝わった歴史は古く、人皇十六代・応神天皇の時代37年に呉の国より4人の女工が若狭を経由して渡来してきました。
女工は長い船旅の疲れをこの大音でいやし、お礼に糸とりの技法を教えたと伝えられています。
その後、伊香具神社の神職伊香厚行(いかごのあつゆき)は伊香津臣命の子孫で、香具山の麓に湧き出る水(独鈷水)を汲とり、この地で産する生繭を煮て製糸を試みたところ白く光沢の良い生糸の誕生を見た。
厚行は喜び村人に製法を伝え、伊香津臣命の時代より伊香氏は中央政権とのつながりもあり、出来上がった生糸を用いて冠の紐や刀の下緒を作り宮中へ献上したのが大音糸の始まりです。
良質の生糸が生産出来たのは香具山の地下鉱物により軟質の水が湧くので非常に光沢のある弾力に富んだ生糸が出来たのです。
そののち大音糸の評価も世に広く認められ村の産業として発展してきました。
また、弾力性にも富んでいるので琴や三弦にも広く使われ、昭和の初めから戦後までは大工の墨糸・水糸・パラシュートの糸・医療糸あるいはラジオのダイヤル糸にも多く使われてきました。
        大音区 賤ヶ岳観光協会
(現地案内板)
 
  広告      
   
         
   味宿 想古亭 源内    賤ヶ岳古戦場    宿場町 木之本  
  味宿 想古亭 源内 
TEL0749-82-4127 
〒529-0431 滋賀県長浜市木ノ本町大音1529−1

滋賀県奥琵琶湖 しずがたけ光明石の湯
  賤ヶ岳古戦場
織田信長が、本能寺で明智光秀のために滅ぼされた、本能寺の変後、1583年(天正11)4月、信長の重臣柴田勝家と羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)が、この賤ヶ岳を中心として信長の後継者争いをし、秀吉が勝利をおさめ、天下取りを決意した戦いだといわれています。
また、この合戦において、秀吉軍の近習加藤清正ら7人が、槍をとって真先に進み、柴田軍を突きくずしたといわれていることから、賤ヶ岳の七本槍としてよくしられています。
(現地案内板)               賤ヶ岳砦跡案内図 賤ヶ岳合戦図 
  宿場町木之本
木之本は
、木之本地蔵さんで知られる、長祈山 浄信寺の門前町として、また、北国街道の本陣を持つ宿場町として栄えた。
街道の両脇には、本陣、脇本陣、旅籠、商家、造り酒屋などの名残を見ることが出来る。
また、室町時代に始まったと言われる牛馬市では、地元の近江を始め但馬、丹波、伊勢、美濃、越前、若狭、尾張などから牛馬や商人が集まりこの地で売買していた。
なかでも摺墨の名馬は、山内一豊の妻が夫のために、何かの時にと備えていた金子で馬を買い求め与えた話は、「妻の鏡」として有名である。
 
         
   きのもと交遊館    木之本地蔵尊    JR木ノ本駅・ふれあいステーション「おかん」・観光案内所  
  きのもと交遊館
TEL0749-82-6311 
〒529-0425 滋賀県長浜市木之本町木之本1118
江戸時代には、北国街道木之本宿の問屋場、明治以降は警察署が置かれた地に、昭和10年「湖北銀行木之本支店」として新築されたRC構造の建物で、伊香郡の経済と流通の中心として湖北地域の繁栄を担ってきました。
町民に親しまれてきたこの歴史的建造物は、木之本町の伝統文化を次代に継承し、先人に学ぶあらたなまちづくり拠点「きのもと交遊館」として生まれ変わりました。
  平成17年10月
    木之本町ー現長浜市ー
(現地案内板)    
開館時間:9:30〜17:00
休館日:毎週 月・火・木曜日、年末年始
交通
JR木之本駅より徒歩約5分
北陸自動車道木之本ICより車約5分
駐車場:約15台
 
  木之本地蔵尊 
TEL0749-82-2106 
滋賀県長浜市木之本町木之本944
山号:長祈山 浄信寺
宗派:時宗
本尊:地蔵菩薩(重要文化財)
開基:薬師寺 開山祚蓮上人
創建:天武天皇4[675)年
木之本のお地蔵さんとして眼病平癒の仏様として知られ、全国から多くの参拝客が訪れる。
本尊は地蔵菩薩(秘仏)で、境内には本尊を模した6メートルの地蔵菩薩大銅像がある。
空海、菅原道真、足利尊氏なども参拝した記録があり、賤ヶ岳の合戦では羽柴秀吉がこの寺に陣を置いている。
  JR木ノ本駅・ふれあいステーション「おかん」・観光案内所
JR木之本駅
ふれあいステーション「おかん」 
TEL0749-82-5020 
滋賀県長浜市木之本町木之本1472−JR木ノ本駅構内
木之本の特産品・民芸品・手造り小物、近江米・季節の農産物・野菜、リサイクル・リホームした衣料品などを持ち込んで販売する交流拠点
営業時間:9:00〜17:00
定休日:年末年始のみ
木之本観光案内所
 
TEL0749-82-5135 
滋賀県長浜市木之本町木之本1472−JR木ノ本駅構内
レンタサイクルありー9:00〜17:00 
普通自転車500円/1日、
電動アシスト付自転車1,000円/1日
 
  広告      
     
   
           Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 兵庫県の旅へ