旅 瀬戸内(たびせと)

鞍馬寺 冬柏亭
     
  鞍馬寺 冬柏亭(とうはくてい) 与謝野晶子先生書斎)
与謝野家は、昭和2年に、当時の東京市外荻窪村(杉並区荻窪2の119)へその居を移した。
広い屋敷の中には「釆花荘」と呼ぶ日本屋と、「遙青書屋」という大きな洋館があった。
この二つの建物の間に、「冬柏亭」と呼ばれる書斎が、晶子先生の五十の賀のお祝い(昭和4年12月)に、お弟子さんたちから贈られた。
それが完成したのは昭和5年3月である。
晶子先生の没後、昭和18年10月に、冬柏亭は、門下生の岩野喜久代氏によって、大磯にある氏の住居へ移された。
それが岩野氏のご好意から、さらに鞍馬山に移築されたのは昭和51年4月のことで、同門の信楽香雲先代管長とのご縁によるものである。
(寄贈された関係資料は、霊宝殿に収納展示されています。
(現地案内板) 
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 鞍馬寺へ