旅 瀬戸内(たびせと)

鞍馬寺 参道
   
  鞍馬寺 参道
ケーブルカーで多宝塔まで昇り、参道を歩いていると、参道の両脇は険しい急斜面が続く。鞍馬山の険しさを改めて認識する。
このように険しい山であったからこそ、人の手がほとんど入らない自然豊かな状態が残されてきたのであろう。
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 鞍馬寺へ