旅 瀬戸内(たびせと)

熊野参詣道ー熊野古道(シリーズ平家物語を歩く旅)
       
     補陀洛山寺  
     
  大門坂    熊野三所大神社   
  熊野参詣道ー熊野古道
紀伊半島にある熊野地方は、神々の宿る秘境として古くから自然信仰の聖地とされてきた。
熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社は、熊野三山と呼ばれ、平安時代になると王侯貴族は、秘境熊野に現世浄土を求めてたびたび参詣し、「蟻の熊野詣」と呼ばれる程の盛況を見せた。
平家物語の中でも、平清盛重盛をはじめ、後白河院、後鳥羽院など多くの人々が参詣している。
現在、熊野古道と呼ばれているのは、人気の高い中辺路をはじめ大辺路、小辺路、伊勢路などがある。
 
     
  熊野本宮大社 大斎原   熊野速玉大社  
熊野那智大社 青岸渡寺 那智の滝
         
  闘鶏神社   平忠度誕生の地    熊野古道 中辺路  
闘鶏神社
熊野権現をまつり田辺の宮と称したが熊野別当湛増が社前で紅白の鶏を闘かわせ白鶏が勝ったので源氏に味方して屋島壇ノ浦の戦に源氏を援けたことからこの名前がついたと伝われている。
平忠度誕生の地
熊野本宮大社から熊野速玉大社への道(国道168号)を熊野川沿いに下る途中、宮井大橋を過ぎて少し行った所の道路右側に「平忠度誕生の地」と書いた大きな看板が立っている。
碑は、この看板のすぐ上にある。
中辺路

中辺路は、紀伊田辺から本宮を経て新宮、那智に続く道で、熊野の自然豊かな中に点在する王子社と熊野三山を参拝しながら巡ることができる。
熊野古道 大辺路   白浜温泉  紀伊田辺の主要観光ポイント
ホテル浦島 まぐろ料理「竹原」 レストランBisco

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅