旅 瀬戸内(たびせと)

熊谷直実(くがいなおざね)
  熊谷直実(くがいなおざね) 1141年〜1207年(諸説あり)
武蔵熊谷郷の武将  後に出家し蓮生(れんせい)
一の谷の戦いで、騎馬で海に乗り入れ沖の船に逃げようとする平敦盛を呼び返し討ち取っている。
この時の様子は後に能、謡曲など芸能の題材となりよく知られている。須磨寺の源平の庭にはその様子が再現されており、宝物館には青葉の笛が伝えられている。
その後自分の子供と同じ年頃の敦盛を討ったことに強い懺悔の念と無常を感じ、出家して法然の弟子となり蓮生と名乗っている。
蓮生は師法然の誕生地、美作国の久米南に、法然上人自作の木造を本尊とした誕生寺を建立するなどいくつかの寺を建立している。
 
熊谷直実ゆかりの地
   
須磨寺 金戒光明寺  誕生寺

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語略年表へ 平清盛の略歴へ 皇室関係略系図へ 桓武平氏略系図へ 清和源氏略系へ 藤原氏(北家)略系図へ