旅 瀬戸内(たびせと)

       
      香山城跡ー黒田官兵衛ゆかりの地ー GoogleMap    
             
     
    香山城跡遠景   
     
    香山城跡    大歳神社  
  香山城跡黒田官兵衛ゆかりの地ー 兵庫県たつの市新宮町香山坪尻山
香山城は香山村西方の山麓(通称:備後屋敷)に位置する香山氏の居城です。
香山氏は系図によりますと鎌倉時代から香山荘地頭職の家系で、建武年間頃(1334〜1338)に秀清が香山城を築城したと伝えられて嘉吉の乱(1441年)で城は一度落城します。
その後文明3年(1471)に秀氏が城を再興しますが、羽柴秀吉が宇野氏(山崎・長水城)を攻めたときに城主秀明は宇野氏に属し、香山城は秀吉軍の黒田官兵衛に攻められ、天正8年(1580)4月27日に落城します。
なお、司馬遼太郎の「播磨灘物語」には官兵衛初手柄の城として香山城が登場します。ー(官兵衛の父小寺兵庫助の初陣の手柄のはずだが?)
香山城の遺構は大歳神社を挟んで、北廓(南北170m、東西250m)、南廓(南北220m、東西120m)に別れており、いずれも外郭を石垣が取り巻き、縦横に石塁と堀が走り、その中を雛段造成して多数の郭群を複雑に配置しています。
郭群には、城門・井戸・犬走り・泉地等の諸施設があり、備前焼の甕や茶臼等も見つかっています。
香山城は近隣には例のない総石垣で築かれた特異な縄張りをもつ大規模な中世の山城といえます。
                              1992年3月 新宮町教育委員会
(現地案内板)
 
     
         
  香山城南郭    香山城北郭    香山廃寺   

Home 兵庫県の旅へ 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ