旅 瀬戸内(たびせと)

金刀比羅宮 白峰神社(しらみねじんじゃ) GoogleMap
       
    白峰神社参道   
       
   白峰神社 拝殿    本殿  
  白峰神社 祭神 崇徳天皇 待賢門院・大山祗神
崇徳天皇は保元の乱後当国讃岐綾の松山に移られ、当山にも後参籠せられ、長寛2年(八百余年前)白峰の郷に崩御なされた。
当山との深い由緒をもって本宮及此の所に祀り、天皇の御母又山の神も合せ祀る。
社殿は大正2年の建造 本殿流造拝殿入母屋造
(現地案内板より)
白峰神社 正殿 崇徳天皇 相殿 待賢門院 大山祗神
第75代の皇位を御承継なされた崇徳天皇は、御年17才で近衛天皇に御譲位上皇になられました。保元の乱に讃岐に遷せられて9年此地で御苦労の末崩御遊ばされたので白峰の山陵に葬り奉りました。
まことに恐れ多い極みであります。上皇御在世中京の御所でお仕えしていた阿闍梨章実(あきざね)と伝う者が崩御の後上皇を御慕いして讃岐にまいり、此地での上皇の仮御座所であった木の丸殿の建物をひいて山陵の側に建て上皇の神霊を祀り頓證寺と稱しました。
其後慶応4年勅使の参向があって上皇の神霊は京都に帰られて今の白峰神宮に奉齋されましたのでここに頓證寺は廃止となりましたが殿堂はそのままとなっていたので明治11年愛媛県令から内務部に願い出て金刀比羅宮境外摂社として崇徳天皇を奉齋した創剏が許可になり正殿には崇徳天皇を旧本地堂には待賢門院と旧相模坊堂には大山祗神を奉祀して敷地建物宝物等一切当官の所有に帰しました。
当官からは詰員を常置して祭日には祭員、伶人、舞人を派遣して祭儀を執行して来ましたが明治31年本官境内に御遷座し一時三穂津姫社に奉齋社殿新築成って大正2年現在の社殿に正遷座を奉仕した次第であります。
中門左右の随神には源為義、源頼朝の像で元頓證寺の勅額門に安置されていたものであります。
(現地案内板より)

本宮から白峰神社、奥社への参道は、深い森林に覆われ、夏には涼しい参道となっている。
 

Home 香川県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る 金刀比羅宮へ戻る