旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 釣井の壇跡    
   
        
  安芸郡山城 釣井の壇跡(つりいのだんあと)
釣井の壇は、長さ75m、幅15m、面積約1,000uの長大な曲輪である。
曲輪の基部には石垣が見られる。
北に姫丸の壇、南は御蔵屋敷に通じ、ここから東側二段上が本丸である。
  直径25mの石組井戸があり、本丸に最も近い水源である。
この井戸は、現在埋もれて深さ約4mになって水は湧いていないが、埋れた土を掘ればかってのように水をたたえると思われる。
平成3南3月  吉田町(安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
         
   釣井の壇跡 石組井戸   釣井の壇跡 曲輪基部の石垣    釣井の壇跡から本丸方面   
         
   本丸との間の曲輪から見た釣井の壇    本丸と釣井の壇・御蔵屋敷の間の曲輪    土塁跡  
  本丸との間の曲輪から見た釣井の壇
左手前に石組井戸が見える。
 
      土塁跡
本丸と釣井の壇・御蔵屋敷の間の曲輪にある。
 
 
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ