旅 瀬戸内(たびせと)    史跡 郡山城阯石碑    
   
        
  史跡 郡山城阯石碑
郡山城は、南北朝時代の建武3(1336)年、鎌倉幕府の重臣大江広元の四男大江秀光を祖とする毛利時親が、越後国から吉田荘へ移り郡山東南麓に旧本城を築城して以来の本拠地である。
  戦国期に毛利元就が郡山全山に城を拡大し、さらに輝元が改修を加えた。
城内には郭跡や寺院跡もたくさん残っている。
     
  広告      
   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ