旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 厩の壇跡    
   
      
  安芸郡山城 厩の壇跡(うまやのだんあと)
本丸の東南方の長さ約400mにも達する長大な尾根の基部にあって、17mと24mの段から尾根に沿って7段と、それから北に分かれる4段の曲輪からなる。
最大の曲輪は、尾根の上中央の基部から3番目の曲輪で、約410uの広さがあり、それから下方へは帯曲輪状の小曲輪を並べている。
  北側の4段は基部の曲輪の守りのためと考えられ、いずれも小さい。
なお、基部の曲輪から釜屋の壇へは通路がのび、南側の段へも通路があり、幅3mから5mの付曲輪がある。
この南側下の段が馬場とよばれているところから、厩の壇には厩舎があったところと考えられる。
平成4年3月 吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ