旅 瀬戸内(たびせと)    吉田郡山城 勢溜の壇    
   
        
  吉田郡山城 勢溜の壇(せだまりのだん)
勢溜の壇は、本丸の峰から南西へ長くのびる尾根を、御蔵屋敷の下段を堀切で区切って独立させ、十段の大型の曲輪からなる壇で、尾根沿いに比高差約1mで、面積約500uから700uの広さの曲輪を四段連ね、その先にこれらを取巻く帯曲輪を三段、さらにその先端には付曲輪を加えている。
  この曲輪群では、特に東南方の大手、尾崎丸方向への防御は厳重で、たとえ、この方面を破っても、この三重の帯曲輪で防ぐことができ、現在の登山道が当時のものとすれば、さらにこの上の勢溜の壇の曲輪群から攻撃できる構造になっている。
ここには本丸守護の兵が滞在していたことがうかがえる。
 平成4年3月  吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
       
   勢溜の壇    安芸高田市街    勢溜の壇  
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ