旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 尾崎丸跡    
   
        
  安芸郡山城 尾崎丸跡(おさきまるあと)
尾崎丸は、満願寺仁王門のあった峰の中腹を堀切で隔て、その先端も本城との間の鞍部(あんぶ)を利用した三条の堀切で隔てた独立的な曲輪群である。
中心の尾崎丸は、長さ42m、幅20mとこの曲輪群最大の曲輪で、北側は堀切と土塁で画し、土塁上段に一段、下段に約3mの高さを持つ二段の小曲輪を配置し、さらにその下には約2mの差をもって、小さな付曲輪と長大な帯曲輪を配置し、守りを固めている。
  なお、尾崎とは毛利隆元が尾崎殿と称されていることから、隆元の居所と考えられる。
 平成4年3月
   吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
     
   安芸郡山城 尾崎丸堀切跡   安芸郡山城 尾崎丸跡    安芸郡山城 尾崎丸跡   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ