旅 瀬戸内(たびせと)    郡山城 御蔵屋敷跡    
   
        
  郡山城 御蔵屋敷跡(おくらやしきあと)
御蔵屋敷跡は、東西約20m、南北約30m、面積600uの広い敷地を持つ。
北に釣井の壇、東に三の丸、西に勢溜の壇に通じている。
この屋敷の東側に多くの散乱した石が高い石垣もあったと想像させる。
  さらにその上の曲輪で通路沿いの一部に石垣(高さ1.2m、長さ3.5m)が残って、当時をしのばせている。
さらにその一段上が二の丸となる。
郡山古城図(山口常栄寺蔵)に御蔵と書かれているが、それがこの地と思われる。
平成3年3月 吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
           
   郡山城 御蔵屋敷跡   郡山城 御蔵屋敷跡       
      郡山城 御蔵屋敷跡
屋敷の東側に多くの散乱した石が高い石垣もあったと想像させる。 
     
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ