旅 瀬戸内(たびせと)    郡山城 二の丸跡    
   
        
  郡山城 二の丸跡
二の丸は本丸の南につながり、約2m低く北西にある石列で画した通路でつながっている。
東西36m、南北20mの広さであるが、周囲を高さ0.5m、幅1mの石塁や石垣で27mと15mの方形に区画しており、実用面積は約400uと本丸よりひとまわり小さい。
また、この石塁の外側には、幅0.5mから1mの平坦面もみられる。
  この二の丸の南側には、高さ3mの石垣が残るが、この石垣は明治初年に行われた毛利元就墓所改修の際、ここから石を運んだという記録があるので、石垣は曲輪の東西両側にもあった可能性が高い。
南にある三の丸へは、幅1.5mの通路があり礎石も残ることから、小型の桝形をした門、あるいは塀があったと思われる。
     平成4年3月 吉田町教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ