旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 妙寿寺郭群跡    
   
        
  安芸郡山城 妙寿寺郭群(みょうじゅじくるわぐん)
妙寿寺郭群は、長さ41m、幅24m、面積約1,000uで、周囲を石垣や石塁で画した方形の曲輪を中心に、それから東西にのびる幅10mから15mの帯曲輪状の曲輪、およびそれらに伴う小曲輪群からなる。
この小曲輪群は、南を守るための通路として利用されたものらしく、特にこの西側の曲輪群は、満願寺からの道を正面で壁として防ぐ、桝型を意図したものと考えられる。
  なお、妙寿寺は、毛利家の祈祷所ならびに毛利煕元(ひろもと)の菩提所、また毛利隆元夫人の菩提所でもあったと伝えられ、江戸末期の文久年間には、浅野支藩の火薬庫も設けられている。
  平成4年3月 
   吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
         
   妙寿寺跡    妙寿寺跡    満願寺方面への通路  
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ