旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 満願寺跡    
   
        
  安芸郡山城 満願寺跡(まんがんじあと)
満願寺跡は、郡山城跡の三の丸の西南で御蔵屋敷の南、難波谷を登りつめたところに位置する。
現在でも境内の北側に、東西に二つの蓮池が残っている。
毛利氏が入城する以前のかなり古くからあったと伝えられ、寺伝によると天平12(740)年に行基菩薩が当地にこられ、可愛川釜ヶ淵で、小さな観音を得られ、自ら大きな千手観音木像を彫刻し、満願寺を建て、これを安置したということに始まる。
  大永3(1523)年元就の本家相続が決定し郡山入城の日(8月10日の申酉の刻)が決められたことや、永禄10(1567)年には越前の幸若大夫が満願寺に滞在し幸若舞を舞ったこと、同12(1568)年には、観世幸若大夫宗節一座の能狂言が行なわれたこと、さらに、元亀3(1572)年には、法華経読踊千部会が行なわれたことなど記録にある。
この寺は毛利氏の移城に伴い、広島に移り、さらに、萩城内に移っていたが現在は防府市にある。
  平成3年3月 
    吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
         
   安芸郡山城 満願寺跡   安芸郡山城 満願寺蓮池跡     安芸郡山城 満願寺蓮池跡  
           
   安芸郡山城 満願寺跡   安芸郡山城 満願寺跡       
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ