旅 瀬戸内(たびせと)    安芸郡山城 羽子の丸跡    
   
        
  安芸郡山城 羽子(はご)の丸跡
羽子の丸は、釜屋の壇の先端を、幅7m深さ3mの堀切で隔て、その先端を利用したものである。
先端頂部の曲輪から南へは11mから5mの比高差をもって三段、東へは1mから3mの比高差をもって三段があり、それらを帯曲輪でつなぎ、さらに付曲輪を加えるなど、堅固なつくりを構えている。
  特に、頂部の曲輪は面積650uもあり、これだけでも城として独立しうる機能をもっていたと考えられる。
羽子の丸は、本丸からすると艮(うしとら)−北東ーの位置にあり、可愛川の東流部から、甲田町方面を望む枢要な位置にあり、要所と考えられる。
平成4年3月 吉田町(現安芸高田市)教育委員会
(現地案内板)
安芸郡山城案内図
     
  広告      
   
         
   安芸郡山城 羽子の丸跡    安芸郡山城 羽子の丸跡からの眺め   安芸郡山城 羽子の丸跡と釜屋の壇との間の堀切   
      Home 広島県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 郡山城跡へ