旅 瀬戸内(たびせと)

木沢塩田跡地と瀬戸内海
     
  木沢塩田跡地のアッケシソウ GoogleMap
前方、眼下に見えるのが木沢塩田跡地です。
昔は、入浜式や流下式塩田として栄えたところですが、塩の製法が流下式からイオン交換樹脂膜法に変わった時、塩田は不要となり、現在は、廃止塩田となっています。
この塩田跡地には、アッケシソウという好塩性の植物が生育しています。
アッケシソウは、北海道東部の厚岸湖畔(あっけしこはん)で発見されたことから、この名がつけられました。
アッケシソウは、葉と茎の区別がなく、茎には多くの水分と塩分が含まれています。
11月頃、花のついた先端部分が赤く色づき、アッケシソウの紅葉で塩田一帯は、赤く染まります。
ここからながめると、その様子がよくわかります。
   環境庁 香川県(現地案内板)

大崎山から見る瀬戸内風景
前面に広がる瀬戸内海をながめてください。はるか前方に見えるのは、昭和63年4月10日に開通した瀬戸大橋です。
左から北備讃瀬戸大橋(吊り橋)、岩黒島橋(斜張橋)、櫃石島(ひついしじま)橋(斜張橋)、下津井瀬戸大橋(吊り橋)が見えます。下津井瀬戸大橋の右側は、岡山県の鷲羽山(わしゅうざん)です。
瀬戸大橋は、繊細優美(せんさいゆうび)多島海景観(たとうかいけいかん)との調和を図り、最先端の橋梁技術を結集して瀬戸の島々を結んだ世界でも例のない道路・鉄道併用橋です。
橋の下は、備讃瀬戸航路になっています。大型貨物船や巨大なタンカー等多くの船が行き交っていきます。
右前方には、おむすびの形をした島が二つ見えます。大きいのが大槌島、手前の小さいのが小槌島です。
この周辺の海は、槌ノ戸瀬戸と呼ばれ、海底からナウマンゾウの化石が発見されています。
   環境庁 香川県
(現地案内板)

すっきりと晴れた日には瀬戸大橋も良く見えるのですが、当日は、春霞のため見えなくて残念でした。
 
     

五色台へ戻る 大崎山園地戻る Home