旅 瀬戸内(たびせと)    道の駅 北の駅宿 安芸高田 GoogleMap    
   
        
  道の駅 北の駅宿 安芸高田
TEL0826-57-1657
〒731-0511 広島県安芸高田市美土里町横田331
営業日:通年
営業時間:コンビニ24時間
ながいきラーメン食堂11:00〜18:00
喫茶・軽食11:00〜18:00
山の市・海の市9:00〜18:00
休憩所9:00〜18:00
公園:9:00〜18:00
情報コーナー:9:00〜18:00
中国自動車道、高田ICに隣接
安芸高田市の紹介
安芸高田市は、広島県の北部中央に位置し、北は島根県、南は広島市に接する人口約3万5千人のまちです。
  当市は、平成16年3月1日に旧高田郡の6町(吉田・八千代・美土里・高宮・甲田・向原)が合併して誕生した、県内では14番目の市です。
当市は、「人輝く・安芸高田」をまちづくりのキャッチフレーズに自然や文化などの多様な資源や豊かな環境を生かし、地域内外との活発な交流を推進しています。
市の南部を縦断する「JR芸備線」、中央部を縦断する「国道54号」、北部を縦断する「中国縦貫自動車道」が地域間交流の基本となる交通体系です。
「道の駅」は、中国縦貫自動車道高田ICに隣接している立地条件を生かした、地域の人と観光客との交流を図る安芸高田市の「北の玄関口」です。
近隣には、温泉をはじめ、旅籠屋や湯治宿、田舎料理、茶屋などが通りに軒を連ねている「美土里町神楽門前湯治村」や、温浴プールのある「たかみや湯の森」、毛利元就の里「安芸高田吉田歴史民俗資料館」など、魅力的な交遊施設がたくさんあります。
  当駅はこれらの施設や、人と人とを結ぶ「人とモノの交流結節点」としての役割を担っています。
道の駅について

「道の駅」 北の関宿 安芸高田は、国土交通省道路局長により「道の駅」に登録されたものです。(平成15年8月8日登録)
「道の駅」は、一般道路で安心して利用できる道路利用者のための休憩施設で、休憩・情報発信・地域連携の3つの機能を併せ持つ個性豊かなにぎわいの場として、快適で質の高いサービスを提供するものです。
「道の駅」 北の関宿 安芸高田は、旧美土里町と広島県が連携し、駐車場と公衆トイレに加え、休憩・情報コーナー、物産売店、レストラン、そしてバスターミナルを整備したものであり、地域の特性を生かした休憩施設を形成しています。
(現地案内板)             安芸高田市案内図
 
  広告      
   
           
   道の駅 北の駅宿 安芸高田    道の駅からの眺め      
          Home 広島県の旅へ