旅 瀬戸内(たびせと)

建礼門院と大原御幸
       
    朧(おぼろ)の清水   
     
  寂光院    高倉天皇皇后徳子(建礼門院)大原西陵  
  京都大原の里の寂光院は、文治元(1185)年平家が壇ノ浦で滅亡後、建礼門院閑居の寺として知られている。
建礼門院閑居の翌年の春には、義父、後白河法皇がこの寂光院を訪れている。
法皇は、後白河院の御所長講堂から下鴨神社、鞍馬道、補陀洛寺(ふだらくじ)、静原の里を通って江文峠(えぶみとうげ)を越え寂光院を訪ねたのである。
 
         
  落合の滝   鉈捨藪跡(なたすてやぶあと)    江文峠  
静原 金毘羅山・翠黛山 大原の里(詳しくは)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ