旅 瀬戸内(たびせと)    別府八湯 観海寺温泉(かんかいじおんせん)GoogleMap    
   
   
  観海寺温泉からの眺望 杉の井ホテル   いちのいで会館   
  別府八湯 観海寺温泉
朝見川上流、別府の高台に広がる温泉地で、別府市街は勿論、晴れた日には四国までも望むことが出来る。
鎌倉時代頃から湯治場として栄え、現在は、リゾートホテル、「杉の井ホテル」や弁当屋さんの経営する「だんご汁定食」と温泉の入浴をセットにした「いちのいで会館」など、温泉からの眺望を売り物にした温泉施設が多い。
 
  杉の井ホテル 
TEL0977-24-1141 
大分県別府市観海寺1
別府湾と別府の市街を一望のもとに見おろしながら温泉に入ることが出来る、大展望風呂「棚湯」と、水着着用で入る温泉「ザアクアガーデン」は圧巻。
朝見川沿いの高台には、ホテル棟をはじめスギノイボウル、アクアビート、ザアクアガーデンなどのアミューズメント施設を含んだ白亜の建物が何棟も並んでいる。
  いちのいで会館 
TEL0977-21-4723 
大分県別府市上原町14−2
弁当屋さんの経営する、「だんご汁定食」(9月〜4月)や「松花堂弁当」(5月〜10月)と入浴をセットにした日帰り温泉。
別府湾と別府市街を一望のもとに眺めることのできる「景観の湯」と貸切露天風呂、金鉱跡を利用して造った「金鉱の湯」があり、「景観の湯」と「金鉱の湯」は、男女日替わりで提供。
私が訪れた日は、男性が「金鉱の湯」、女性が「景観の湯」だった。
 
 
  広告      
     
   
      観海寺温泉エリアからの眺望       
         
   眺望の宿しおり   そば処 五条    朝見川   
  眺望の宿しおり 
TEL0977-22-9771 
〒874-0839 大分県別府市南立石2218−5
海側の部屋からは、別府湾と別府市街、そして高崎山が一望に見えるかけ流しの温泉旅館。
 
  そば処五条ー別府八湯ー観海寺温泉ー 
TEL0977-22-1771 
〒874-0822 大分県別府市観海寺1
黒田官兵衛ゆかりの地を旅している途中。
石垣原合戦 吉弘統幸陣所跡を訪ね、杉乃井ホテルに向かって歩いていると、妻が美味しそうなそば屋があるという。
妻は食べること、特にそばには貪欲、そして結構良いとろろを見つけるのがうまい。
いちのいで会館で温泉に入り、だんご汁定食を食べた後だったが、そばであればまだ入りそうなので言葉につられて立ち寄ってみた。
靴を脱いで上がるようになっている。
中は結構広く、アンティークな家具が置いてある清潔な感じの店。
軽めにと思い注文した「割子 三段そば」と「だしまき玉子」も結構おいしく、妻も満足!
営業時間11:00〜21:00
定休日:なし
  朝見川
鶴見岳中腹の堀田温泉付近を水源に、観海寺温泉、浜脇温泉を通って別府湾に流れ込んでいる朝見川。
この辺りは結構掘れ込んで嶮しい。
 
 
  広告      
   
         
   観海寺温泉エリア 上原町付近    朝見川   石垣原合戦 吉弘統幸陣所跡  
  観海寺温泉エリア 上原町付近
いちのいで会館は、この付近を上に上った所。
  朝見川
観海寺温泉地区下流域の朝見川、浜脇温泉地区を通って別府湾に流れ込む。正面には高崎山が・・・・・。
 
  石垣原合戦 吉弘統幸陣所跡ー坂本台地ー
ー黒田官兵衛ゆかりの地ー
天下を二分して戦われた関ヶ原の戦いの二日前の慶長5(1600)年9月13日に、西軍石田三成方についた旧豊後国二十二代大友義統と、東軍徳川家康方の前中津城主黒田孝高(如水)が激突した、いわゆる石垣原の合戦において、大友方右翼の将としてその名を馳せた吉弘嘉兵衛統幸の陣があったとされる所でこの付近一帯は坂本台地と呼ばれている。。
吉弘統幸は旧主君挙兵の報を聞き豊後立石村にはせ参じ、この合戦において鬼神のごとき活躍で二十数騎の敵将を討ち取り、黒田軍をおおいに苦しめたが、七番掛けで遂に力つき討ち取られたといわれる。
行年三十八歳であった。
 
  広告      
     
      Home 大分県の旅へ 湯の町別府へ 別府八湯へ