旅 瀬戸内(たびせと) 黒田官兵衛年表ー略歴ー黒田官兵衛ゆかりの地       
                 
   
  竹田城跡よりー2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」ロケ地    
  黒田家発祥の地は、奥琵琶湖の長浜市木之本町黒田
佐々木源氏の流れをくむ一族が、木之本町黒田に住み、源宗清(別名宗満)のときに姓を黒田に変え、六代高政の時、備前福岡(現岡山県瀬戸内市長船町福岡)へ移り住んだとされている。
黒田高政の子重隆の代になって、嫡男職隆(もとたか)と共に播磨に移り、広峯神社御師が配る神符とともに黒田家秘伝の目薬を売って財をなし、御着城主の小寺氏に仕え、姫路城代を任される。
黒田官兵衛は、職隆の子として天文15(1546)年11月29日に姫路城で誕生している。
なお、上記黒田家の系譜は、福岡藩に仕えた儒学者・貝原益軒が編纂した「黒田家譜」によるものである。
 
 
  広告   
   
   西暦 年次 年齢    黒田官兵衛の経歴    関連事項   
   1546  天文15年 1   姫路城主小寺職隆(小寺政職の家臣)の嫡男として姫路城に生まれる(幼名 万吉)母は明石殿       
  1552   天文21年 7   浄土宗の寺で僧 円満に師事       
1554 天文23年 9 弟の利高が生まれる 木下藤吉郎、織田信長に仕官する(諸説あり)  
1555 弘治元年 10 厳島合戦(毛利元就陶晴賢を破る)
1559 永禄2年 14 母明石氏没⇒黒田家廟所 官兵衛が文学・歌の世界に耽溺する契機となる
1560 永禄3年 15 桶狭間合戦(織田信長、今川義元を破る)
1561 永禄4年 16 御着城 小寺政職の近習となるー禄高80石ー 異母弟の利則が生まれる
  1562 永禄5年 17   父職隆に従い初陣を飾る 元服 官兵衛孝高と名のる      
  1564 永禄7年 19   祖父重職没 心光寺に葬られる⇔黒田家廟所       
  1566 永禄9年  21       毛利元就 尼子義久を攻め降伏させる  
  1567 永禄10年 22   光(播磨 志方城跡主 櫛橋氏の娘)と結婚 父 職隆は隠居し官兵衛が家督を継ぐ   織田信長 稲葉山城攻略 美濃を領有   
   1568 永禄11年  23   嫡男 小寿丸(後の黒田長政)誕生ー姫路城ー   織田信長 足利義昭を奉じて上洛  
  1569 永禄12年  24   青山古戦土器山合戦ー赤松政秀を破るー    
  1570  元亀元年  25     姉川合戦ー織田信長 浅井・朝倉連合軍を破るー   
        第一次石山合戦  
   1571 元亀2年  26     毛利元就死去 織田信長比叡山延暦寺を焼打ち   
   1573 天正元年  28       足利幕府滅亡  
        織田信長 浅井・朝倉氏を滅ぼす   
  1574 天正2年  29       羽柴秀吉 長浜城主となる  
   1575 天正3年  30   黒田官兵衛 小寺政職に織田氏に帰属するよう説得帰属を決意させる   長篠・設楽原の戦いー信長・家康連合軍武田勝頼を破るー  
          官兵衛岐阜城に赴き信長に謁見ーこの時羽柴秀吉の取り次ぎ役が羽柴秀吉ー      
  1576 天正4年  31   嫡子松寿丸を人質として差し出す   足利義昭鞆の浦にー毛利輝元に援助を要請ー   
   1577 天正5年  32   英賀合戦ー毛利水軍を英賀で破るー      
          羽柴秀吉に姫路城を提供し、官兵衛は妻鹿城(別名国府山城)に住まう      
          
       書写山・姫路城・広嶺山方面ー妻鹿城址より   
  広告        
       
   1577 天正5年  32   佐用城攻め      
          上月城攻めー尼子勝久・山中鹿之介を上月城に入れるー      
  1578  天正6年 33   別所長春が寝返り毛利方に着いたため三木城攻めに向かう   上月城落城(勝久自害・鹿之介備中高梁川で斬殺)  
          官兵衛 岡山城の宇喜多直家に凋落工作を開始      
            荒木村重 毛利方に寝返り有岡城に籠る  
          官兵衛 村重の寝返りをやめさす為有岡城に向かうが、捕らえられ牢に入れられる(小寺政職の命)       
              小寺政職 毛利方に寝返る  
          信長 官兵衛の叛意を疑い嫡男松寿丸の殺害を秀吉に命ずるも竹中半兵衛が美濃の居城に匿う      
  1579  天正7年  34     竹中半兵衛没ー平井山陣所にてー   
          有岡城落城 官兵衛は栗山善助に救出され有馬温泉で湯治す    荒木村重は有岡城をぬけ出し尼崎城へ  
              宇喜多直家 織田方に寝返る   
  1580  天正8年  35     三木城陥落 別所長春自刃 開城   
    官兵衛は小寺姓から黒田姓に    織田信長 御着城を攻略 小寺政職出奔し毛利方に  
          官兵衛 毛利攻略の拠点として秀吉に姫路城の改築を勧め、普請奉行を命ぜられる    姫路城 三層の天守に改築   
          松寿丸戻される 松寿丸国府山城に移る   顕如 石山本願寺より撤退   
    官兵衛 秀吉に従い因幡方面に出陣    
          官兵衛 山崎の篠ノ丸城を居城とする(石高 一万石)       
  1581  天正9年  36   秀吉に従い鳥取城攻めに加わる   鳥取城陥落 吉川経家自刃 開城  
   1582  天正10年  37   秀吉に従い備中に出陣 備中高松城水攻め為の築堤に当り奇策を提言    
              本能寺の変  
          秀吉 清水宗治自刃を条件に毛利方と講和   清水宗治自刃  
          官兵衛 中国大返しを提言 殿軍を勤める      
          山崎の合戦   明智光秀軍敗れる 清洲会議   
          
   余呉湖方面 パノラマー賤ヶ岳古戦場より       
  広告        
       
  1583 天正11年  38   賤ヶ岳の合戦に参戦      
          大阪城築城開始ー官兵衛 普請惣奉行ー      
  1584 天正12年 39   嫡子長政 蜂須賀正勝の娘と婚姻       
          毛利・宇喜多間の境界画定の為中国へ   小牧長久手合戦ー徳川家康勝利ー   
   1585 天正13年 40   羽柴秀長の四国長宗我部元親攻めに従軍 岩倉城陥落させる   秀吉 関白に就任  
          父職隆没⇒黒田職隆廟所      
              これからは九州へ⇒後日追加予定  

Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ